オメガ6の脂肪酸とは

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しようではオメガ3について説明しました。この記事ではオメガ6の脂肪酸について説明します。

オメガ6の脂肪酸も体の中ではつくることができないため、必須脂肪酸といわれています。ただ、現在の生活ではオメガ6の脂肪酸であるリノール酸を明らかにとりすぎていて、普段使う油を変えたり、食べるものに気をつけるようにいわれるようになってきました。

オメガ6とはどんな意味なのか

オメガ6とは、脂肪酸を構成する炭素の二重結合がある位置のことを表しています。

図を見てください。オメガ6の脂肪酸として知られるリノール酸です。

左端がカルボキシ基(COOH)で、右側はメチル基(CH3)です。右側のメチル基のことをω(オメガ)位といいます。ω(オメガ)はギリシャ文字で最後の文字です。終わりという意味があるそうです。

つまり、オメガ6の脂肪酸とは、ω(オメガ)位から数えて6番目の炭素に最初の二重結合がある脂肪酸のことをいいます。

また、同じことを図にある通り、n-6と書く場合もよくあります。

逆にカルボキシル基(COOH)の隣の炭素から、α(アルファ)位、β(ベータ)位、γ(ガンマ)位・・・と指して行きます。ギリシャ文字は24文字ありますが、ω(オメガ)位は脂肪酸の炭素数にかかわらず、いつもω(オメガ)位です。

リノール酸

リノール酸

オメガ6の脂肪酸の種類

オメガ6の脂肪酸は、いくつかありますが、代表的なのは、上の図でも描いたリノール酸です。炭素数が18で炭素の二重結合を2つ持ち、食べものからとらなければならない必須脂肪酸です。

リノール酸は、体の中でγ(ガンマ)リノレン酸、ジホモ-γ-リノレン酸、アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸と変化していきます。

この中で特にアラキドン酸が重要です。エイコサノイドという、ホルモンに似た働きをする生理活性物質の材料になるので、体に影響を与えることがよく知られています。

詳しくは、リノール酸はアラキドン酸に変換されるにまとめました。もちろん、アラキドン酸からドコサペンタエン酸までも解説してあります。ぜひ読んでみてください。

リノール酸はアラキドン酸に変換される
この記事では、リノール酸がアラキドン酸に変換され、さらにドコサペンタエン酸に変換されるまでを順番に説明します。エイコサノイドは炭素数20の脂...

リノール酸

リノール酸は、炭素数18で、C6・C9位に炭素炭素間のシス型二重結合を2つ持っており、18:2(n-6) とも表記される n-6系の多価不飽和脂肪酸です。分子式 C18H32O2融点は−5 °C。

リノール酸

リノール酸

γリノレン酸

γ(ガンマ)リノレン酸は、リノール酸からつくられます。γリノレン酸は、3番目に発見されたリノレン酸という意味です。略称GLAと呼ばれます。炭素数18。分子式 C18H30O2で、C6・C9・C12位にいずれもシス型の二重結合を持っています。

γリノレン酸

γリノレン酸

ジホモγリノレン酸

ジホモ-γ-リノレン酸は、DGLAとも書かれます。炭素20個からなるω-6脂肪酸です。

ジホモ-γ-リノレン酸

ジホモ-γ-リノレン酸

アラキドン酸

アラキドン酸は、分子式 C20H32O2 で、4つの二重結合を含む20個の炭素からできています。

アラキドン酸

アラキドン酸

ドコサテトラエン酸

ドコサテトラエン酸は、分子式C22H36O2 で、4つの二重結合を含む22個の炭素からできています。

ドコサテトラエン酸

ドコサテトラエン酸

ドコサペンタエン酸

ドコサペンタエン酸は、分子式C22H34O2の5つの二重結合を持つ22個の炭素からできた脂肪酸です。

ドコサペンタエン酸

ドコサペンタエン酸

まとめ

リノール酸はアラキドン酸になり、エイコサノイドの材料になります。エイコサノイドになるのは炭素数20の脂肪酸です。

ジホモγリノレン酸も炭素数20なので、エイコサノイドの材料になりますが、こちらは炎症を抑制するものになります。

アラキドン酸からはたくさんの炎症を亢進するエイコサノイドができるので、リノール酸の撮り過ぎに注意が必要だといわれています。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク