脂肪とコレステロールの関係について

脂肪とコレステロール。健康診断のシートを見ると親戚のようなものだと思うのですが、違いがよく分かりません。でも、毎日焼き鳥を食べながらビールを飲んでいると確実に中性脂肪と悪玉コレステロール(LDL)と総コレステロールの数値が上がることだけはわかります。

脂肪とコレステロールは、一体どんな関係なんでしょう?

焼き鳥屋

肉を食べると、脂肪もコレステロールも入っていることは知っています。脂身を食べると子供の頃からコレステロールが上がるよなんて、冗談みたいにいわれていました。

コレステロールと脂肪は構造が違う

このブログを書き始めてから少し経って、油(脂肪)とコレステロールの構造が全然違うことが分かりました。

油は構造が簡単

油の方がとても簡単です。グリセリンに脂肪酸が3本結合してできています。簡単に書くとこんな感じです。

脂肪酸

油の一例を構造式で書きましょう。これはココアバターに含まれる油の組成です。3本の脂肪酸のノコギリの歯みたいなギザギザは炭化水素を意味しています。何もむずかしくありません。

分からない方は脂肪酸の書き方で困ることと、脂肪を省略なしで実際に書いてみるを読んでみてください。

脂肪酸の書き方で困ることと、脂肪を省略なしで実際に書いてみる
油のことを調べ始めると化学式が読めなくて困ります。特に最初に困るのが、ノコギリ状の線が出て来て元素記号がついていない構造式でした。私のように...
ココアバターの組成

ココアバターの組成

コレステロールは環構造

一方、コレステロールは、少し複雑です。この環構造を見ただけで嫌な気持ちになります。正直なところ、コレステロールについて理解できるようになり、書けるようになったのは最近のことです。

コレステロールの分子式は、C27H46Oです。炭素(C)が27個、水素(H)が46個、酸素(O)が1個からできています。

もちろん、これだけ油と構造が違えば、親戚でもなんでもなく別ものです。脂肪を分解してもコレステロールにならないし、コレステロールを分解しても脂肪にはなりません。

コレステロール

コレステロール

脂肪とコレステロールで共通しているのは、C(炭素)、H(水素)、O(酸素)だけでできているところです。構造が違うので役割も違います。

脂肪はエネルギー源

脂肪は、食べ過ぎや運動不足でお腹まわりについてきますが、これはラクダのこぶと一緒で余分なエネルギーをためているのです。

脂肪を構成する脂肪酸は、リン酸と結合してリン脂質となって細胞膜になったりしますが、脂肪の一番の役割は、貯蔵燃料です。

コレステロールは重要メンバーだった

コレステロールは、細胞膜にとっての重要な構成物質です。

細胞膜の基本は2本の脂肪酸を含むリン脂質でした。コレステロールは、リン脂質やタンパク質とともにすべての細胞膜に含まれていて、膜の流動性を調節する働きをしています。コレステロールがあるおかげで細胞膜の流動性がよくなります。コレステロールは、脂肪酸と同様、すべての細胞に存在しているということです。

コレステロールは不要な(悪い)ものだと思っていたのですがコレステロールは1個の細胞に必ずあるということです。

コレステロールは、肝臓および皮膚でつくられます。皮膚でつくられたコレステロールは、紫外線と反応してビタミンDになります。ビタミンDは骨を丈夫にするのに役立つことが知られています。

さらにコレステロールは、脂肪の消化に不可欠な胆汁酸のもとになります。胆汁酸は肝臓でコレステロールからつくられ、石鹸のように脂肪を水に溶けやすし、同時に、膵臓からでる消化酵素リパーゼを活性化し、脂肪の消化吸収を助ける働きもしています。

また、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの材料になります。

コレステロールは脳と神経系に多く存在していています。成人の体内コレステロール量100g~150gのうち1/4が脳に集まり、神経系全体で考えると1/3を超えます。

これは脳に500億~1兆もの神経細胞があり、神経細胞の電線の役目をする神経繊維を、コレステロールは絶縁体のように被い、脳の情報を素早く伝達しています。

コレステロールと脂肪は一緒に運ばれる

コレステロールと油は脂質なので水に溶けません。肉を食べると脂肪だけでなくコレステロールも食べることになります。脂肪の消化については、以前書いた通り、膵臓からのリパーゼで脂肪酸と、脂肪酸を一つつけたままのグリセリン、モノグリセリドまで分解されます。

このとき、コレステロールも、脂肪酸やモノグリセリド、胆汁と一緒に丸く固まり、「ミセル」というものになって、小腸の中に入ります。

このあたりのことは、食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞという記事で詳しく書きました。

食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞ
食べ物に含まれるコレステロールは、小腸からそのまま体の中に入ってきます。ご存知でしたか?運動すれば、脂肪やコレステロールなど余分なものが燃え...

脂肪とコレステロールが親戚みたいに感じられるのは、体の中に一緒に入って代謝されていくからでしょう。

リポタンパク

血液の中で、脂肪酸とモノグリセリドはまた脂肪に戻ります。コレステロールも脂肪も水に溶けませんから、血液中をうまく流れて行くには、特別な輸送手段が必要になります。それがリポタンパクと呼ばれるものです。

リポタンパク質

リポタンパク質

リボタンパクは、リン脂質、アポタンパク、TG(トリグリセリド)、遊離コレステロール、コレステロールエステルなどで構成されています。

図のように球形をしていて、外側をアポタンパク、水と親和性があるリン脂質と遊離コレステロールがおおっていて、中に水と混ざらないTG(トリグリセリド:中性脂肪)やコレステロールエステルが埋め込まれています。

アポタンパクは、リポタンパクが細胞内に取り込まれる時に、リガンド(受容体と結合する物質)と呼ばれるものになります。ドアを開ける鍵みたいなものです。

リポタンパクには、カイロミクロン、VLDL(超低比重リポタンパク)、LDL(低比重リポタンパク)、HDL(高比重リポタンパク)と4種類あります。

脂肪が先に配られる

小腸から吸収された脂肪酸とモノグリセリドは、すぐにTG(トリグリセリド)に戻り、コレステロールとともにカイロミクロンとなり、TG(トリグリセリド)を配りながら肝臓に送られます。

詳しくは、カイロミクロンは中性脂肪(TG)を配るに書きました。

カイロミクロンは中性脂肪(TG)を配る
前記事、食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞでは、コレステロールが消化酵素で分解されることなく、胆汁酸がつくるミセルの中に中性...

肝臓では新たにVLDL(超低比重リポタンパク)がつくられ、血液にのって全身をめぐります。VLDL(超低比重リポタンパク)は、肝臓で合成されたTG(トリグリセリド)を脂肪細胞に配達するのが役割です。

TG(トリグリセリド)を配り終えたVLDLはLDL(低比重リポタンパク)になり、今度はコレステロールを各組織に配給します。

詳しくは、VLDLからコレステロールを配るLDLへに書きました。

VLDLからコレステロールを配るLDLへ
この記事では、食べ物からではなく、肝臓で作られたコレステロールと中性脂肪(TG)がどのように組織に配られるのか。VLDLができ、LDLに変化...

一方、HDL(高比重リポタンパク)は小腸と肝臓でつくられ、動脈壁にたまったコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをします。このために、HDL(高比重リポタンパク)は善玉コレステロールと呼ばれています。

詳しくは、余分なコレステロールを回収するHDLに書きました。

余分なコレステロールを回収するHDL
この記事では、善玉コレステロールといわれるHDLが小腸や肝臓から生まれ、組織からコレステロールをもらいながら、肝臓に戻るまでを説明します。 ...

まとめ

油(脂肪)とコレステロールは、水に溶けないという意味で脂質に分類されていますが、構造が違う、それぞれまったく別のものです。

この記事では触れませんでしたが、脂肪からコレステロールを作ることは可能です。脂肪酸が短く切られていって最後に炭素数2のアセチルCoAになりますが、アセチルCoAからコレステロールが作られます。

コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートする
油とコレステロールは脂質ではありますが、別なものだと思っていました。しかし、コレステロールは、アセチルCoAから生合成されるのです。関係がな...

また、油(脂肪)とコレステロールは、一緒にリポタンパクとして運ばれます。組織に配られる順位は、常に油(脂肪)が先です。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク