食事のコレステロールは気にしなくていい?

コレステロールと中性脂肪の関係についてあれこれ調べていたら、2015年4月29日の産経新聞の記事が引っかかってきました。

食事コレステロールもう気にしなくていい? 「血中濃度と無関係」 厚労省は抑制目標値「撤廃」

厚生労働省は2015年4月改訂の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」で、これまで成人は男750ミリグラム、女600ミリグラムを上限としていた食事からのコレステロールの目標量を撤廃したという内容です。

厚労省のサイトに「日本人の食事摂取基準」(2015年版)はあります。

昔から、タマゴは1日1個で十分だといわれてきました。スジコを食べているとコレステロールが上がるよとおどかされたりしたものです。

この記事にも書かれていますが、血中コレステロールの7~8割は体内で作られます。食事の影響はもともと少ないのです。そして、コレステロールの摂取量が多ければ体内で作る量が減らされ、逆に摂取量が少なければ体内でたくさん作られるというようになります。そんな話が割と新しく出版された本には必ず書いてあります。

だからといってコレステロールがたくさん入ったものを食べ過ぎていてよいかどうかは分かりません。少なくとも、普通に食べる分には影響がないから気にしなくてよいということだと思います。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク