食品のカロリーってどうやって測定するのでしょう?

この記事では、油とは違ってカロリーがあまりないもの、例えば野菜などについてどのようにカロリーを測定しているのか調べたことをお知らせします。

大根

野菜のカロリーってどうやって測定するの?

前の記事油はカロリーが高いが油の種類で違いがある?他の食品ともカロリーを比較してみたで、油が100グラム921kcalあるということを書きました。比較のために炭水化物であるご飯や麺類のカロリーも並べていたのですが、ふと、このカロリーについて気になってしまいました。

カロリーは熱量を表していることはみんな知っていますね。
1グラムの水の温度を標準大気圧下で1℃上げるのに必要な熱量だというのは小学生か中学生の理科で習いました。

油なら火をつければよく燃えるし、それでお湯が沸きますから、簡単に測定できそうです。
しかし、文科省の食品成分データベースを見て行くと、ご飯やニンジンや大根にもカロリーがあります。

ちなみに文科省の食品DBによると、それぞれ100gあたり

ニンジン(生) 18kcal
ダイコン(生) 18kcal

18kcalずつあります。

ニンジンやダイコンって、油のように燃やすことができるのでしょうか?

一体、食品のカロリーとはどのように測定するのでしょうか?
分からないと、気持ちがモヤモヤしてきます。

それで、早速調べてみました。

ボンブカロリーメーター

食品の熱量を測定するには、ボンブカロリメーターというのを使うのだそうです。

Googleで調べてみたら、機械の画像がたくさんでてきました。

ボンブカロリーメーター

ボンブ熱量計、爆発熱量計ともいう。燃焼熱を求める試料を厚いステンレスの筒に入れ、密封して気相を高圧の酸素とし、微弱な電流をニクロム線などに通して発火させ、発する熱量を筒を取り囲む一定量の水に伝えて、その水の温度の上昇から発熱量を求める装置。 (コトバンクより)

なんと愚直にカロリーの原則通りやる機械なのでしょう。
油を燃やして測定するのと変わらない、同じ原理で測定しているのです。ボンブは、爆発(bomb)するという意味でした。

これですっきりしました。

もちろん、データがたまれば何でもかんでもボンブカロリーメーターで測定するわけではなく、成分によって計算で出したりもするでしょう。

しかし、原則はみんな一緒。

カロリーは熱量で、変わりない。ガソリンでも石油でも食用油でも、ご飯でも、ニンジンでもダイコンでも、熱量を持っていて測定できるのです。

すっきりしました。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク