油と脂と脂肪と脂質ってどうちがうか分かりますか?

「あぶら」って聞くと、まず、「油」という漢字が頭に浮かびます。
「脂」は?やはり、あぶらと読みますね。油と脂はどうちがうのでしょう?

「油脂」ということばもあります。油と脂と油脂の違いはどんなことでしょう?

油と似ていることばに「脂肪」があります。
さらに、「脂質」ということばもあります。このあたりまで来ると、頭がこんがらがってきました。

「あぶら」「油」「脂」「油脂」「脂肪」「脂質」ぜんぶまとめて説明しましょう。

脂肪

油脂とはあぶらの総称です

漢字の書き取りで、「あぶら」と出題されたら、「油」でも「脂」でも正解です。

油(あぶら)と脂(あぶら)の区別はこれから説明しますが、油(あぶら)と脂(あぶら)を合わせた呼び方、総称が、油脂(ゆし)です。油脂といえば、油(あぶら)のことも脂(あぶら)のことも指しています。

油は常温で液体のもの

油は常温で液体のものをいいます。

サラダ油、オリーブオイル、ごま油、菜種油・・・は油ですね。植物を原料としたものはみな油です。
機械に使うものも油ですね。機械油は、鉱物油といいます。鉱物油は、石油(原油)、天然ガス、石炭など地下資源由来の油のことをいいます。

魚の油は魚油です。魚の油は常温では固まらない融点が低い油です。

しかし、常温で液体ではない油もあります。パーム油(アブラヤシ)やココアやチョコレートの原料になるカカオバターは常温では固体ですが、油と呼びます。もちろん、これらは植物性の油です。

植物性のものはすべて油、鉱物性のものもすべて油、その他に常温で液体のものを油と呼びます。

脂は動物性で常温で固体のもの

ラード、バターは脂です。脂(あぶら)には、動物を表す肉月(にくづき)がついていますから、もともとは、ラード(豚脂)やバターなど動物性の脂のことを指していたのでしょう。動物性である。これが一番の特徴です。

植物性の油で、脂と書くものはありません。

魚の油は、魚油(ぎょゆ)と書いて油を使いますが、「あぶらがのったサンマを食べる」は「油がのったサンマを食べる」ではなく、「脂がのったサンマを食べる」と書きますね。この場合は、油とは書きません。微妙に使い分けています。

顔に浮いてくるアブラも固体ではないですが、脂です。脂汗なんてことばもありますね。

脂は動物性であると覚えておいてください。

脂肪とは油脂と同じことを意味しています

脂肪と聞くと、太った人を思い浮かべたり、肉の脂身のことを思い浮かべたりすると思います。そのせいか、動物性の脂をイメージしますが、実は、脂肪は、油脂と同じ意味のことばです。つまり、油と脂のことを指しています。

もう少し、深く説明しましょう。

油脂は、油と脂の総称でした。油と脂を2文字並べてあるので分かりやすいですね。「油と脂のことをまとめて油脂といいます」と説明されると分かりやすいですね。

一方、脂肪は、一般的に使われることばですが、どちらかというと化学で使われることばで、物質名を表しています。つまり、物質として決まった構造があるのです。油も、脂も同じような構造をもち、それらをまとめて脂肪と呼んでいるのです。

脂肪は油脂であり、油であり、脂でもあります。

化学で決められた脂肪の構造

化学で脂肪は扱われます。高校生の化学の教科書にでてきますが、化学で、脂肪、油、脂は同じ構造をもつものです。下図を見ていただければお分かりの通り、脂肪(下図では油脂)は化学式で表されます。化学では、油と脂の区別はありません。脂肪、もしくは油脂でまとめられます。

詳しくは油の構造が分かると血液検査の中性脂肪がわかるよをお読みください。化学での脂肪(油脂)の定義は、グリセリンと3本の脂肪酸のエステルのことをいいます。

油と脂の違いは、化学では単に融点の違いになります。由来が植物でも動物でも鉱物でも関係がなくなります。融点の違いは、植物や動物や鉱物といった原料に関係があるのではなく、油脂を構成する3本の脂肪酸の性質によります。

脂質とは脂肪よりも意味が広い

最後に脂質を説明しましょう。

脂質は、栄養の三大要素、炭水化物、タンパク質、脂質の中の一つとして登場します。なんだ、脂肪と同じじゃないかと思われるかもしれませんが、少し違います。

ウイキペディアにはこのように書かれていました。

脂質は、生物から単離される水に溶けない物質を総称したものである。特定の化学的、構造的性質ではなく、溶解度によって定義される。

ただし、この定義では現在では数多くの例外が存在し、十分な条件とは言えない。現在の生化学的定義では「長鎖脂肪酸あるいは炭化水素鎖を持つ生物体内に存在あるいは生物由来の分子」となる。

後半がやや分かりにくいかもしれませんが、原則は、炭水化物とたんぱく質を除いた水に溶けないものを総称したものです。脂肪(油脂)はもちろん水に溶けないので、脂質に含まれます。

後半は、脂肪を構成する脂肪酸のことをいっています。長鎖脂肪酸とは、たとえば、炭素数18のステアリン酸やオレイン酸やα-リノレン酸やリノール酸のことです。

その他に上図の構造とは全く違いますが、コレステロールも脂質に含まれます。また、細胞1つ1つは細胞膜に包まれていますが、細胞膜は、リン酸と2本の脂肪酸からなるリン脂質が元になってできています。これも脂質に含まれます。

コレステロールは、脂肪酸と違って環状になった炭化水素です。

コレステロール

コレステロール

脂質は、このように今まで書いてきた、脂肪、油脂、油、脂よりも意味が少し広いです。

まとめ

油と脂、油脂は、みんな同じもの。

油脂を化学で定義すると脂肪と呼ばれます。化学では物質は化学式で表されますから、混ざり物のない純粋な油が脂肪と呼ばれます。

脂質は、水に溶けないものという意味が基本。生化学的には、脂肪の他、脂肪を構成する脂肪酸や、脂肪酸を分解して再合成されるコレステロールなどを含みます。

スポンサーリンク

コメント

  1. 佐々木研一 より:

    大変分かりやすく書かれており,勉強になります。1か所気になる部分があります。それは「化学で決められた脂肪の構造」の「高級脂肪酸」の式で3つのRをつなぐ結合です。うっかりしておられたのだと思いますが,その結合は削除しておいてください。