コレステロールについて知っておきたいこと

コレステロールは脂肪ではありませんが、脂質です。細胞膜でリン脂質を支える役割をしています。肉にはそれほど含まれていません。卵黄に一番多いです。食べ物のコレステロールはそのまま体の中に入ってきます。水に溶けないので、リポタンパク質にくるまれて脂肪と一緒に血液中を流れます。コレステロールは動脈硬化の原因になるといわれていますが、酸化されたものがよくないようです。食事をコントロールしてよく運動し、体重をしっかり落とすとコレステロール値は下がります。

卵

スポンサーリンク

コレステロールはどんなもの?

コレステロールは脂質の一つですが、脂肪(油)ではありません。

コレステロールの構造式を初めて見た時は、嫌な気分になりました。文系の私にとって、こんな環構造(しかも4つもある!)が出てくると「理解できない」という気分になるのです。

コレステロール

それまで、油について書いていたので、脂肪(油)の構造は、グリセロール(グリセリン)に脂肪酸が3本付いたものだと知っていました。それとは構造が全く違う。

油は主にエネルギーを保存するのが役割ですが、コレステロールは細胞膜に組み込まれるほか、胆汁酸やホルモンの材料になります。

脂肪とコレステロールの違いについてに詳しく書きました。

コレステロールはどこにあるのか?

普段、コレステロールの数値は低ければよいと思われていて、嫌われ者なのですが、コレステロールは細胞膜にあります。

細胞膜はリン脂質によってできているのですが、コレステロールは、流動性の高いリン脂質の間に入って、バラバラにならないように支える役割を果たしています。

コレステロールは細胞膜に存在するのですから、「どこにでもある」ことになります。詳しくは、細胞膜の単位はリン脂質だけど、コレステロールはその隣に存在するをご覧下さい。

コレステロールを食べる

コレステロールはどんな食べ物に多いのだろう?まず、思い浮かべるのは、「肉」「脂身」です。肉は水分の他、タンパク質と、脂質が大部分で炭水化物はほとんどありません。

しかし、肉にコレステロールはどのくらい含まれているのかというと、100gあたり、数十~300mg程度しかありません。案外少ないのです。

では、どのようなものに多いか?

卵黄が一番多いです。詳しくは、コレステロールの多い食品をご参照ください。

また、このことに関連して、朝昼晩、毎回、肉だけを食べ続けた実験について読んだことがあります。野菜もなしで、肉だけです。

さぞかし体に悪いだろうと思ったのですが、体調はすこぶるよいのだそうです。ただし、条件があり、焼いていないのです。ゆでるか生でした。

この話は、肉だけを食べて生活するとどうなるか?でお読みいただけます。

コレステロールをつくる

体の中にあるコレステロールは、食べた物から体に入って来たものと、体の中で合成したものがあります。食べ物から入ってきたコレステロールは、そのまま使われます。

小学生の理科から食べ物は胃腸で消化されると習っていたので、コレステロールも消化酵素で分解されるのかと思いました。ちなみに、脂肪は、脂肪酸とモノグリセリドに分解されます。しかし、コレステロールは分解されません。

たとえばデンプンは炭素数が1800~3600もつながっています。これが炭素数6のブドウ糖に分解されます。また、脂肪は、炭素数18の脂肪酸が3本つながっていると、炭素数57の大きさになります。

一方、コレステロールは、炭素数が27で、意外と小さいのです。

この話は、食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞにあります。

また、コレステロールがどのように作られるのかを調べてみるととても興味深いです。

アセチルCoAからできる

コレステロールの合成は、アセチルCoAからスタートします。下図の赤字部分、S-CoAは、補酵素Aであり、反応に関係しません。

アセチルCoA

アセチルCoAは、糖からも脂肪酸からもアミノ酸からも作られます。ミトコンドリアに入り、クエン酸になる物質です。このことを知ると、コレステロールは、不足することはないことがわかります。何を食べても、体脂肪を分解しても作られるからです。

コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートするには、アセチルCoAからコレステロールになるまでの反応式も書きました。

また、数年前に、コレステロールは体内で合成される量が多く、食べ物からのコレステロールは微量であり、体内で調整されるので気にしなくてよいというニュースがあり、食事のコレステロールは気にしなくていい?という記事も書きました。

ただし、私の同僚で毎日牛丼を食べていた人が、高コレステロールになっていたことを付け加えておきます。

どのように代謝されるか

コレステロールは油と一緒に吸収されます。栄養は血液に乗って流れますが、血液の80%は水分。水と油が混ざらないのは常識です。

油やコレステロールなど、いわゆる脂質は、胆汁によって乳化されたミセルとして十二指腸から吸収されます。

小腸粘膜細胞に入ったコレステロールは、リボタンパク質であるカイロミクロンによって、肝臓に運ばれます。

カイロミクロンは中性脂肪(TG)を配るにまとめました。リポタンパク質は、脂質が血液を流れて行く時の乗り物です。

さらに、肝臓から、今度はVLDLというリポタンパク質で、食事由来のコレステロールと、肝臓で合成されたコレステロールが中性脂肪(TG)とともに運ばれます。

VLDLも中性脂肪(TG)を組織に配ることが役割です。VLDLから中性脂肪(TG)を配り終わったリポタンパク質LDLが、コレステロールを組織に配ります。

VLDLからコレステロールを配るLDLへに書きました。

さらに、組織にある余分なコレステロールは、リポタンパク質のHDLによって回収され、肝臓まで送られます。

余分なコレステロールを回収するHDL

このとき、HDL自身が細胞からコレステロールを引き出すのではなく、細胞膜にあるABCタンパク質が余っているコレステロールを細胞外に搬出します。

細胞からコレステロールをHDLに渡すABCタンパク質

また、コレステロールは、体内で回収する仕組みができています。胆汁酸として胆のうから放出され、糞便と混ざりますが、そのうち98~99%は回腸で回収されて肝臓に戻ります。

コレステロールは胆汁酸(塩)として排出されるがほとんど回収される

また、コレステロールには分解される経路もあります。コレステロールは分解されて、アセチルCoAまで戻ります。脂肪酸からアセチルCoAが作られるのは簡単ですが、コレステロールがアセチルCoAまで分解されるのは、いくつもの反応が必要です。

コレステロールは分解されるとアセチルCoAになる

また、自分の体で気がついたことですが、中性脂肪が高いと善玉コレステロールHDLが低くなると思ったことはありませんか?

なぜ中性脂肪が高いと善玉コレステロールHDLの数値が低くなるのか?

コレステロールと病気

いわゆる悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が高いと動脈硬化の原因になり、動脈硬化から、脳梗塞、心筋梗塞、高血圧になるといわれていますが、動脈硬化のことを調べていると、とても興味深い本を見つけました。

「脳梗塞・心筋梗塞は予知できる」という本でした。この本を読んで、悪玉コレステロールといわれるLDLコレステロールが、コレステロールそのものではないことと、コレステロールそのものより、加熱して劣化したコレステロールが血管にたまることを知りました。

動脈硬化は食べた酸化脂質が原因で進むそうです

その後、数年後に同じ先生が書かれた本を読むと、血管にたまるプラークは、コレステロールではなく、油が原因だという結論になっていました。油の微粒子がたまってプラークになるそうです。

「脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因動脈硬化は自分で治せる」を読んだ

悪玉コレステロール(LDL)は、コレステロールそのものではなく、コレステロールを運ぶリポタンパク質であることを知り、コレステロールが体にとってとても大切なものだと知ると、家族性高コレステロール血症の人は別(投薬が必要)だけれど、コレステロールは高くてよいのだという本が見つかるようになります。

コレステロールは高い方が心臓病、脳卒中、がんになりにくいを読んだ

コレステロールを下げる

健康診断でコレステロールの数値が上がっていたら気になるもの。ひどく気にしなくてよいかもしれないけど、要注意や再検査のマークが付くと嫌です。

食事に注意して定期的に運動すればほどほどの数字になってくれないかな。そう思って探し回りました。信頼できそうなサイトで、実際の数字がついていないと納得できない。

ありましたよ。そんなサイトが。食事を見直し運動をして体重が19キロ減ったら中性脂肪とLDLが下がり、HDLが上がりました。

そして、もう一つ、サンマを毎日毎食食べ続けたら、総コレステロールが11日間で100mg以上下がった実験がありました。

これは、オメガ3の脂肪酸、EPAのおかげです。

コレステロールを下げる方法

さらに、飽和脂肪酸を摂るとコレステロールが上がるという話があります。炭素数18のステアリン酸は関係ありません。

炭素数12のラウリン酸、炭素数14のミリスチン酸、炭素数16パルミチン酸を避けるようにした方がよいそうです。コレステロールを気にしている人は、ココナッツオイルに注意した方がよいかもしれません。

なぜ、これらの飽和脂肪酸がコレステロール値を上げるのかというと、肝臓に戻って来たLDLを受け取る、LDL受容体の活性を阻害するからです。つまり、肝臓にLDLを受け取ってもらえず、LDLは血液中に存在したままになるので、LDLの数値が上がってしまうのです。

飽和脂肪酸がコレステロールを上げるのはなぜ?

まとめ

油のことを調べ始めると、同じ脂質であるコレステロールが気になるようになりました。何しろコレステロールは健康の大敵として有名です。しかし、漠然と肉や脂身に入っているんだろう程度のことしかわかりません。

構造式を見ると、環が4個もあり、脂肪(油)ではないことはよくわかりましたが、一体どこにあるのだろうと思っていたら、細胞膜のリン脂質の間に入っていることがわかりました。

そして、アセチルCoAから作られることがわかり、たとえ食べ物から摂らなくても不足することはないだろうと思いました。

コレステロールが体の中で脂肪(油)や脂肪酸とリポタンパク質にくるまれて運ばれることを知って、油とは違うものですが、油と関係が深いことがわかりました。

コレステロールと病気の関係は、家族性高コレステロール血症の人は投薬が必要ですが、そうでない人の場合は、もう少し詳しく知りたいところです。ただ、食事をある程度コントロールしてよく運動することは、コレステロール値が高い低いに関係なく、健康を保つために必要だと思います。

スポンサーリンク