リノール酸

スポンサーリンク
オメガ3

オメガ3が多い(?)くるみの脂肪酸を調べたらリノール酸が一番多かった

くるみにオメガ3の脂肪酸が多いと聞いたので、食品分析表で調べてみました。脂肪酸の60%がリノール酸、13%がα-リノレン酸です。オメガ3のα-リノレン酸よりオメガ6のリノール酸の方がはるかに多かったです。 くるみの栄養成分と脂肪の...
α-リノレン酸

リノール酸からもリノレン酸ができる

リノール酸とリノレン酸。たいていリノール酸とα-リノレン酸を比較する話がでてきますが、リノレン酸にはγ-リノレン酸もあります。それはリノール酸とα-リノレン酸が関係する同じ反応の途中で、リノール酸から変換されてできるリノレン酸です。 ...
オメガ6

リノール酸が必須脂肪酸になった歴史

リノール酸は必須脂肪酸の一つとして知られていますが、いつからリノール酸が必須脂肪酸であることがわかったのでしょう?その発見の歴史について調べました。 いつ必須脂肪酸が発見されたのだろう? リノール酸を念入りに検索していくと、リノ...
オメガ6

オメガ6リノール酸が多い油と食品ランキング

この記事では、食用油に含まれているリノール酸と一般の食品に含まれているリノール酸の量を書き出し、表にして比較してみます。 油に興味を持って調べ始めたのが2013年の12月でしたが、その頃に比べてリノール酸のとり過ぎによる害が当たり前に...
オメガ6

リノール酸とオレイン酸を比べてみる

リノール酸とオレイン酸を比べてみました。いま、リノール酸は評判が悪くて、オレイン酸が豊富に入っているオリーブ油を使う人が多いです。炭素数18で、構造に大した違いはないのですが、リノール酸を取り過ぎているとよくないのです。 リノール...
リノール酸

コーン油の特徴

コーン油はコーンの胚芽を搾った油です。γ-トコフェロールが多く酸化安定性があります。脂肪酸組成は50%以上がリノール酸で、α-リノレン酸はほとんど含まれていません。オメガ6の油です。 コーン油は胚芽から搾る 食用油脂に詳しく書か...
リノール酸

ひまわり油で国産、遺伝子組み換えなしで高オレイン酸タイプがあった

この記事では、国産で遺伝子組み換えしていない、オリーブ油よりも高オレイン酸(ハイオレック)のひまわり油について書きます。リノール酸は4%しか含まれていません。北海道の名寄市で作られています。また、なぜオリーブ油よりもオレイン酸が多くなるのか...
リノール酸

揚げ物をするときはコーン油6ごま油4にすると油が酸化しにくい

コーン油だけで揚げ物をすると、その後日ごとに油は酸化していきますが、コーン油6:ごま油4に配合した油で揚げ物をすると、ごま油だけよりも酸化に強くなります。しかし、コーン油9:ごま油1の配合にすると、コーン油だけより酸化されやすい油になってし...
リノール酸

アラキドン酸が多く含まれる食品を調べた

アラキドン酸は炎症の原因になるエイコサノイドの材料だといわれます。日本人はオメガ6脂肪酸のほとんどをリノール酸で摂っています。アラキドン酸が多く含まれる食品を順番に並べてみましたが、オメガ3の脂肪酸と比較するとそれほど多いという感じではないです。
リノール酸

リノール酸はアラキドン酸に変換される

リノール酸がアラキドン酸に変換され、さらにドコサペンタエン酸に変換されるまでを順番に説明します。エイコサノイドは炭素数20の脂肪酸からつくられます。アラキドン酸からは炎症を亢進させるエイコサノイドがつくられます。これが、リノール酸をとり過ぎ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました