DHA

スポンサーリンク
DHA

オメガ3が必須脂肪酸になった歴史

リノール酸は1930年に必須脂肪酸になりましたが、同じ頃発見されたα-リノレン酸が必須脂肪酸になったのは1980年頃です。 α-リノレン酸はEPAやDHAに変換されることはわかっていましたが、必要だと考えられたのはDHAが視覚興奮に対...
DHA

EPAやDHAサプリの原料になる魚油について

EPAやDHAサプリの原料になる魚油は、ニシンを始めとする回遊性の魚からとられるそうです。魚油は魚粉を製造するときの副産物です。魚粉は、養殖魚や家畜のエサ、肥料、また食品にも使われています。 ニシンの歴史 (「食」の図書館)を...
DHA

ラビリンチュラ類のDHAとEPAが青魚の脂肪に移る

青魚に豊富に含まれるEPAとDHAは、青魚は自分で合成できません。全てラビリンチュラ類などの微細な藻が生産したものを食べて自分の脂肪に蓄えています。ラビリンチュラ類は、亜熱帯から熱帯にわたるマングローブ域に豊富に生息しています。 ...
DHA

DHAが多い食品は?

魚の脂肪にはDHAの方がEPAより多く含まれています。成人男女には1日2g程度のオメガ3脂肪酸が必要とされていますが、いわし、さんま、さばなどの青魚を100g食べると、さんまとさばならDHAだけで2gを超えてしまいます。DHAが多い食品ベス...
DHA

魚を食べていると生活習慣病が予防できる

EPAとDHAはオメガ3の脂肪酸です。EPAにはいわゆる血液サラサラ効果があり、抗凝固薬、血小板凝集抑制薬として使われています。冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病、いくつかのがんに効果があります。魚に豊富に含まれています。それぞれ含有量を調べました。
DHA

DHAの効果について

DHAは、乳児期の脳の発達のために必要です。また、アトピー性皮膚炎にも効果がありました。さらに生活習慣病に対してDHAはEPAと同等の効果があり、脂質異常症(高脂血症)と閉塞性動脈硬化症に効果があります。アルツハイマー型認知症の原因物質の蓄...
DHA

ツナ缶のDHAは少ないよ

ツナ缶のDHA(とEPA)について調べてみました。意外にも少ない。DHAは多いものでもサバ水煮缶の1/3程度しかありませんでした。 DHAやEPAが必要だと考えている方は、サバ水煮缶を食べるのがよいです。 ツナ缶のDHAを調...
DHA

DHAを減らさないようにサバの味噌煮をつくる

サバは秋が旬で「秋サバ」といわれます。脂が乗っていてうまいです。また、サバの脂肪分にはDHAがとても多いです。サバは煮物にしてもおいしいですが、加熱するとDHAがだんだん減って行きます。どんな方法で調理したらよいのか調べてみました。 ...
DHA

魚を食べる以外にDHAをとる方法は?

魚嫌いの小さいお子さんのため、魚以外にDHAの多い食品を探しましたが、卵や肉に満遍なく入っているものの、成分量としては大したことがありません。特定保健用食品や機能性表示食品の魚肉ソーセージがありました。 魚嫌いの人がいる DHA...
DHA

オキアミを食べたらEPAとDHAはとれるだろうか?

クリル(krill)オイルの原料、オキアミにはEPAとDHAがたくさん含まれているのかと思って調べましたが、オキアミ100gあたりEPAは300mg程度、DHAは200mg程度しかなく、あまり魅力的ではありません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました