2015-09

スポンサーリンク
脂肪

内臓脂肪の蓄積は皮下脂肪の蓄積よりずっと悪い

内臓脂肪がたまると、脂肪をためる脂肪細胞からアディポサイトカインという生理活性物質がたくさん分泌されるようになります。これは、脂肪細胞が「もう勘弁してくれ」といっているようなものです。インスリンの効きを悪くして、脂肪が細胞にたまらないように...
アセチルCoA

脂肪はエネルギーになるために脂肪酸がβ酸化されアセチルCoAまで分解される

脂肪が体の中でエネルギー源になるためには、脂肪酸がさらに分解されてアセチルCoAになる必要があります。脂肪酸からアシルCoAになった後、アシルCoAのβ位に二重結合ができ、二重結合に水が反応してOHが付き、OHがケト基(=O)に変わり、新た...
オメガ3

オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?

動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。
脂肪酸

αリノレン酸からEPAやDHAができる

αリノレン酸は、炭素数18、二重結合数3の脂肪酸です。EPAは、炭素数20、二重結合数5の脂肪酸です。そしてDHAは、炭素数22、二重結合数6の脂肪酸です。二重結合があるとそこで形が折れ曲がるので、かなりいびつな形をしています。 融点...
コレステロール

食事のコレステロールは気にしなくていい?

食べもののコレステロールは気にしなくてよいといわれるようになりましたが、私は身近な同僚が毎日牛丼を食べ続けて総コレステロールに「H」マークがついたので、とり過ぎないようにしようと思っています。 コレステロールの目標量を撤廃 コレ...
コレステロール

脂肪とコレステロールの違いについて

脂肪とコレステロールは、似たようなものだろうと思っていましたが、構造式を見るとまったく違うものだと分かります。脂肪はからだが使うエネルギーをためておくのが一番の役割です。それに対してコレステロールは、細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモンの材料になります。
脂肪

脂肪は消化されるとどうなる?

脂肪は消化されると、大まかにいうと、貯蔵される、燃料になる、細胞膜の材料になる働きがあります。 脂肪の消化 脂肪はグリセリンと3つの脂肪酸がついたトリグリセリド(TG)の形をしています。太っていると健康診断で中性脂肪が高いといわ...
脂肪と病気

脂肪をとりすぎると心配な病気

脂肪は、肥満のもとです。炭水化物と同じ炭素(C)酸素(O)水素(H)だけで構成されているのに、2倍のカロリーを持っています。炭水化物は消化されるとブドウ糖まで分解されるので、たくさん食べていると糖尿病の心配が出てくるのは分かります。 ...
化学構造式について

脂肪酸の化学構造式を見た方が油のことをずっと理解できる

油のことを調べ始めた当初、化学式が時々出てくるのが嫌いでした。ウイキペディアの記事なら毎回出て来ます。それで、なるべく化学式の出てこない本を探して読んでいたのですが、ある時、化学構造式を見ながら読んだらすっきり理解することができ、それからは...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました