本草書

スポンサーリンク
ごま油

江戸時代のごま油

江戸時代、元禄年間に出版された本草書、本朝食鑑を読むと、胡麻油が高価なもので、食用油や明かり用の燈油や雨具や塗髪に使われていました。その中でも、煙が少なく、燈油に一番利用されていました。 江戸時代の本草書本朝食鑑を読んでいたら...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました