オリーブオイルにオメガ3の脂肪酸は入っているか

オリーブ油はオメガ9のオレイン酸が主成分の油です。とても人気がありますが、残念ながらオメガ3のα-リノレン酸は、100gあたり0.6gと無視できる程度しか含まれていません。

オリーブオイル

オリーブオイルはとても人気があります。昔と違ってスーパーの棚にも何種類も並んでいます。たまに、オリーブオイルを使っていれば、オメガ3も間に合うのでしょ?と聞かれます。

早速、詳しく調べました。

スポンサーリンク




結論は、ごくごくわずかしか入っていない

文科省の食品データベースでオリーブ油を調べて、脂肪酸について出てくる結果を書き写したものが下の表です。

表に出てくる数字について

脂肪酸について、例えば、「4:0 酪酸」とあるのは、炭素(C)数4の脂肪酸で二重結合数が0(ゼロ)つまり、炭素数4の飽和脂肪酸だという意味です。

だた、このデータ、微妙にバグ(?)があるようで、オリーブ油の主成分である肝腎のオレイン酸について、「18:1計 73000mg」とあるのに、「18:1 n-9オレイン酸 0mg」と表示されていました。

他に炭素数18で二重結合1個の「n-7シスバクセン酸」の含有量が0mgであるので、n-9オレイン酸が73000mgであろうと、訂正しています。お断りしておきます。

また、脂質は100gなのに脂肪酸総量が94.58gなのは、オリーブ油(脂肪)は脂肪酸だけでできているわけではないからです。グリセリンの分の重量もあります。

関係ある場所に色をつけておきました。ご覧下さい。

「日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用
食品成分 オリーブ油
廃棄率 0%
エネルギー 921kcal
水分 0g
たんぱく質 0g
脂質 100g
炭水化物 0g
灰分 0g
脂肪酸総量 94.58g
飽和脂肪酸 13.29g
一価不飽和脂肪酸 74.04g
多価不飽和脂肪酸 7.24g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.6g
n-6系多価不飽和脂肪酸 6.64g
4:0 酪酸 0mg
6:0 ヘキサン酸 0mg
7:0 ヘプタン酸 0mg
8:0 オクタン酸 0mg
10:0 デカン酸 0mg
12:0 ラウリン酸 0mg
13:0 トリデカン酸 0mg
14:0 ミリスチン酸 0mg
15:0 ペンタデカン酸 0mg
15:0 ANTペンタデカン酸 0mg
16:0 パルミチン酸 9800mg
16:0 ISOパルミチン酸 0mg
17:0 ヘプタデカン酸 0mg
17:0 ANTヘプタデカン酸 0mg
18:0 ステアリン酸 2900mg
20:0 アラキジン酸 420mg
22:0 ベヘン酸 120mg
24:0 リグノセリン酸 0mg
10:1 デセン酸 0mg
14:1 ミリストレイン酸 0mg
15:1 ペンタデセン酸 0mg
16:1 パルミトレイン酸 660mg
17:1 ヘプタデセン酸 0mg
18:1計 73000mg
18:1 n-9オレイン酸 73000mg
18:1 n-7シスバクセン酸 0mg
20:1 イコセン酸 280mg
22:1 ドコセン酸 0mg
24:1 テトラコセン酸 0mg
16:2 ヘキサデカジエン酸 0mg
16:3 ヘキサデカトリエン酸 0mg
16:4 ヘキサデカテトラエン酸 0mg
18:2 n-6リノール酸 6600mg
18:3 n-3α-リノレン酸 600mg
18:3 n-6γ-リノレン酸 0mg
18:4 n-3オクタデカテトラエン酸 0mg
20:2 n-6イコサジエン酸 0mg
20:3 n-6イコサトリエン酸 0mg
20:4 n-3イコサテトラエン酸 0mg
20:4 n-6アラキドン酸 0mg
20:5 n-3イコサペンタエン酸 0mg
21:5 n-3ヘンイコサペンタエン酸 0mg
22:2 ドコサジエン酸 0mg
22:4 n-6ドコサテトラエン酸 0mg
22:5 n-3ドコサペンタエン酸 0mg
22:5 n-6ドコサペンタエン酸 0mg
22:6 n-3ドコサヘキサエン酸 0mg
未同定 0mg
重量 100g

オメガ3のα-リノレン酸はオリーブ油100gあたり0.6g

オリーブ油を構成する脂肪酸のうち、一番多いものは、オメガ9のオレイン酸で、73gあります。二番目に多いものは、炭素数16の飽和脂肪酸パルミチン酸で9.8gあります。三番目に多いのは、オメガ6のリノール酸で6.6gあります。

オリーブ油は、圧倒的にオレイン酸が多い油だとわかりますね。

さて、オメガ3のα-リノレン酸はというと、0.6gです・・・。

100gのオリーブ油にα-リノレン酸はたった0.6gしか入っていません。

ほとんど無視してよいくらいの量

今回、表に普段聞いたことがない脂肪酸を全て載せたのは、そんな脂肪酸でもそこそこ含まれているからです。

ということは、オリーブ油に含まれているα-リノレン酸はほとんど無視してよいくらいの量しか入っていないということです。

まとめ

オリーブ油にはほとんどオメガ3のα-オレイン酸は含まれていません。

私がこのブログを書いていると知っている人から、たまにこの記事のような質問を受けます。きっと、オリーブ油だけ買ってくればオメガ3の脂肪酸も摂れるといいなと思われているのでしょう。

オメガ3の脂肪酸は、穀物や豆に含まれています。そしてどちらかというと寒いところで収穫されるものに含有量が多いのです。

オメガ3が多い油をお探しなら、オメガ3の油は5種類あるに詳しく書きました。

オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。 簡単にお店で買えるものは、えごま油、亜麻仁油、チアシ...
スポンサーリンク




フォローする

スポンサーリンク