脂質は脂肪を含む少し広いことば

脂質=脂肪ではありません。脂質は細胞や組織にある「水に溶けない」ものであり、脂質の一つが脂肪です。脂肪は油のこと。脂質には、コレステロール、プロスタグランジンも含まれます。

バター

脂質は脂肪と同じだと思っていませんか?

脂質=脂肪だと思っていた

私は油の話を書き始めたばかりの頃、脂質=脂肪だと思っていました。三大栄養素は、タンパク質、炭水化物、「脂質」と呼ばれるからだろうと思ったのです。

実際、コトバンクの三大栄養素でもこのように書かれています。本によって、微妙に違いがあります。

栄養素のうち、動物の体をつくるもととなったりエネルギー源となったりする、タンパク質・糖質・脂質のこと。

(出典:精選版 日本国語大辞典)

動物の栄養素のうち、炭水化物・脂肪・タンパク質の三つをいう。生物体の構成物質およびエネルギー源となるもの。

(出典:大辞林 第三版)

ところが脂質は脂肪だけのことではないのですね。

脂質は脂肪(あぶら)を含む

有機化学(第2版) (ベーシック薬学教科書シリーズ 化学同人 2008)にはこのように書かれています。この本は文系の私でも読みやすい。

脂質は字が示すように「脂=あぶら」であり,水に溶けない,細胞や組織からベンゼンなどの無極性有機溶媒で抽出することによって得られる天然有機化合物を総称して脂質という.

脂質は物理的な性質(水に対する溶解度の低さ)のみを指標にして定義されるため,いろいろな化学構造をもつ分子が含まれ,大きく二つのグループに分けられる.

すなわち,「エステル結合やアミド結合をもち,加水分解が可能なもの」と,「加水分解されないもの」である.

脂質は細胞や組織にある「水に溶けない」ものと定義されています。

脂肪は間違いなく脂質ですが、「水に溶けない」ものは他にもあります。しかし、まず、脂肪(油)は脂質であること。脂質は、脂肪を含むことばだと理解しておきたいです。

脂肪は脂質である。脂質は脂肪を含むもっと大きなことば。

脂肪(油)については、油についてまず知っておきたいことを是非、読んでみてください。

脂肪以外の脂質にはどんなものがあるか

脂肪(油)以外の脂質で、食品の油に関係があって私が書く話で重要なのは、コレステロールとプロスタグランジンです。

脂肪以外の脂質として、この本には図が載せられていました。

ワックス(ろう)、リン脂質、糖脂質、ステロイド、テルペノイド、プロスタグランジン

ワックス(ろう)、リン脂質、糖脂質、ステロイド、テルペノイド、プロスタグランジンが書かれています。

リン脂質は細胞膜を構成する単位です。脂肪酸2本とリン酸エステル部位を持ちます。

糖脂質については、糖脂質とはという記事を書きました。

また、ステロイドはよく聞くことばですが、私が書く話で取り上げるのはコレステロールです。コレステロールはなかなか重要です。

コレステロールについて、コレステロールについて知っておきたいことというまとめた記事を書いてあります。

テルペノイドは、五炭素化合物であるイソプレンユニットを構成単位とする一群の天然物化合物の総称です。詳しくはウイキペディアのテルペノイドをご覧下さい。私が書く話の中には多分出てきません。

プロスタグランジンは、炭素数20の脂肪酸からできる生理活性物質です。プロスタグランジンはオメガ6のリノール酸の摂り過ぎ問題に関係があります。これは後からたっぷり記事が出て来ます。

リノール酸がプロスタグランジンになるのではなく、リノール酸から変換されたアラキドン酸がプロスタグランジンに変化します。アラキドン酸から炎症に関係があるエイコサノイドができるという記事にまとめてあります。

プロスタグランジンについて私もたくさん話を書いています。まだ読まなくてもよいです。後で読み返す方のためにリンクを貼っておきました。

NOTE

脂質と脂肪。同じものだと思っている方は私以外にも結構いらっしゃると思います。しかし、脂質の方が、より大きなことばでした。脂肪とコレステロールを思い浮かべて、2つまとめて脂質だと思っておけば間違いないです。

脂質の一つが脂肪(油)である。

スポンサーリンク
脂肪

油についてまず知っておきたいこと

これから油についていろいろなことを書いていきますが、最初に知っておきたいことがいくつかあります。 「あぶら」ってどんな漢字を当てますか? 「あぶら」は油と書くのが普通ですが、脂と書く場合もあります。ラードはブタの脂(下の画像)だ...
脂質

脂質は脂肪を含む少し広いことば

脂質=脂肪ではありません。脂質は細胞や組織にある「水に溶けない」ものであり、脂質の一つが脂肪です。脂肪は油のこと。脂質には、コレステロール、プロスタグランジンも含まれます。 脂質は脂肪と同じだと思っていませんか? 脂質=脂肪...
コレステロール

コレステロールからビタミンDができる

日に当たらないと「くる病」になる話はビタミンDが不足するためです。ビタミンDは皮膚にあるコレステロールに紫外線が当たりできます。「皮膚にコレステロールがある?」と思ってしまう方のために書きました。脂質のコレステロールから変化したビタミンD3...
コレステロール

コレステロールについて知っておきたいこと

コレステロールは脂肪ではありませんが、脂質です。細胞膜でリン脂質を支える役割をしています。肉にはそれほど含まれていません。卵黄に一番多いです。食べ物のコレステロールはそのまま体の中に入ってきます。 水に溶けないので、リポタンパク質にく...
糖脂質

糖脂質とは

糖脂質とはどのようなものなんでしょう?糖が関係しているのはわかりますが、構造を知りたいと思いました。糖脂質には、グリセロ糖脂質とセラミドを基本骨格とするスフィンゴ糖脂質があります。構造はむずかしくありません。 糖脂質は脂肪酸と糖が...
コレステロール

運動して魚を食べてコレステロールを下げる方法

コレステロールを下げるには、食事を見直し運動をすることです。きっちり体重を落とせるとLDLが下がりHDLが上がるようです。特にEPAを多く含む青魚をよく食べるようにすると、効果的です。 基本は食事を見直し運動する 総コレステロー...
コレステロール

イラストレイテッド ハーパー・生化学について

2017年の春にイラストレイテッド ハーパー・生化学原書29版を買ってそれ以来使っています。きっかけは、アセチルCoAからコレステロールが合成される図を見たからです。 最新版は2016年刊行の30版です。出版社に敬意を表して先...
コレステロール

「脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因動脈硬化は自分で治せる」を読んだ

動脈硬化は油のとり過ぎが原因であり、超微粒子の脂肪滴が血管内皮細胞すき間を通って内部にたまりプラークとなります。お酒の飲み過ぎと甘い物を食べ過ぎは、内皮細胞を縮めてすき間を広げ、プラークがたまるスピードを上げます。 石灰化したプラーク...
コレステロール

コレステロールは分解されるとアセチルCoAになる

動脈硬化で血管にたまったコレステロールはそのままなんだろうか?動脈硬化は加齢に関係があり、解消されないといわれます。しかし、炭素数27のコレステロールは分解されると、もともとコレステロールの材料だった炭素数2のアセチルCoAになることがわか...
コレステロール

コレステロールを下げるには

総コレステロールを下げるには、調理に使う油を、不飽和脂肪酸の油に替えること。そして大豆を食べるようにすることが手っ取り早くできる方法です。コーヒーを飲み過ぎるとコレステロールを上げる原因になるそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました