目次

脂質 脂質は脂肪を含む少し広いことば
油(脂肪)とは何か知る
油についてまず知っておきたいこと
油の構造を知ろう
油と脂と脂肪ってどうちがうか分かりますか?
油の性質を決める脂肪酸について構造式を書きながら比べてみた
油はカロリーが高いが油の種類で違いがある?他の食品ともカロリーを比較してみた
*カロリーについて
食品のカロリーってどうやって測定するのでしょう?
炭素と水素の数が多いと燃焼熱は大きくなり酸素が入っていると燃焼熱が下がる
脂肪を食べるのは他の生き物が貯蔵していたエネルギーを横取りすること?
コレステロール
コレステロールについて知っておきたいこと
脂肪とコレステロールの違いについて
細胞膜の単位はリン脂質だけど、コレステロールはその隣に存在する
コレステロールの多い食品
食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞ
コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートする
食事のコレステロールは気にしなくていい?
「コレステロールは高い方が心臓病、脳卒中、がんになりにくい」を読んだ
コレステロールは胆汁酸(塩)として排出されるがほとんど回収される
食べ物の酸化コレステロール
コレステロールを下げるには
コレステロールは分解されるとアセチルCoAになる
運動して魚を食べてコレステロールを下げる方法
コレステロールからビタミンDができる
飽和脂肪酸がコレステロールを上げるのはなぜ?
糖脂質
糖脂質とは
脂肪酸
脂肪酸には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がある
油の融点は脂肪酸によって決まる
オメガ3
オメガ3について知っておきたいこと
オメガ3脂肪酸の1日の摂取量は?
α-リノレン酸からEPA、DHAに変換するまで5つの反応がある
オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?
ラビリンチュラ類のDHAとEPAが青魚の脂肪に移る
オメガ3が必須脂肪酸になった歴史
オメガ3の油
オメガ3の油は5種類ある
太田油脂 マルタえごまオイル
飛騨生搾りえごま油
紅花食品 有機 荏胡麻油(えごま油)
えごま油の「荏」に見覚えはないですか?
エゴマの実の食べ方はすりゴマにするとおいしいらしい
アルコイリス インカグリーンナッツ・インカインチオイル
サチャインチオイルからオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスについて考えた
カメリナオイルは加熱できるオメガ3系の油
チアシードオイル
紅花食品 亜麻仁一番搾り 170g
オメガ3の油の加熱について
EPAやDHAサプリの原料になる魚油について
α-リノレン酸
α-リノレン酸から青葉のにおいができる
α-リノレン酸が多い食品ランキング
EPAとDHA
魚を食べる以外にDHAをとる方法は?
DHAが多い食品は?
DHAを減らさないようにサバの味噌煮をつくる
魚を食べていると生活習慣病が予防できる
ツナ缶のDHAは少ないよ
EPAが多い食品は?
オキアミを食べたらEPAとDHAはとれるだろうか?
スピルリナの脂肪酸組成は変えられる
オメガ3の効果
脂肪を燃焼させるならオメガ3をとってオメガ6を制限して運動すること
えごま油と魚油を比べると魚油の方が太りにくい
魚油は体重・体脂肪を増加させない
EPA・DHA、α-リノレン酸は優先的にエネルギーに変わる
オメガ3の脂肪酸はうつに効果がある?
DHAの効果について
EPAの効果について
オメガ3の害
亜麻の種子には毒がある?
揚げ油でできるアクロレインはα-リノレン酸由来だって
オメガ3脂肪酸はとり過ぎても害にならないのか
オメガ3の酸化防止
亜麻仁油の酸化を抑える保存方法
アマニ油マヨネーズからマヨネーズの酸化防止対策を知る
オメガ6
オメガ6について知っておきたいこと
オメガ6の脂肪酸とはω端から6番目の炭素に二重結合がある
リノール酸
リノール酸とヒドロキシノネナールとアルツハイマー
リノール酸が必須脂肪酸になった歴史
リノール酸の酸化とノネナールができるまで
リノール酸の問題は1970年代にはわかっていたんだね
リノール酸とオレイン酸を比べてみる
くるみの脂肪酸を調べたらリノール酸が一番多かった
リノール酸からもリノレン酸ができる
リノール酸とり過ぎが発癌に関係するのは、炎症を持続させ細胞増殖を刺激するから
オメガ6リノール酸が多い油と食品ランキング
リノール酸が問題だと書く前に書いておきたいこと
アラキドン酸
リノール酸はアラキドン酸に変換される
アラキドン酸から炎症に関係があるエイコサノイドができる
アラキドン酸が多く含まれる食品を調べた
プロスタグランジンが発見される歴史で疑問に思った2つのこと
PGD2は炎症を抑制する
プロスタグランジンE2が問題だ
プロスタグランジンE2とE3、E1の違いを構造式から調べた
プロスタグランジンE2が炎症を促進する仕組みとそれを抑制する仕組み
いろいろな油
ごま油
揚げ物をするときはコーン油6ごま油4にすると油が酸化しにくい
ゴマサラダ油で野菜炒めをするとビタミンCが減るらしい
ごま油の脂肪酸組成とごま油の作り方を調べた
ごま油は酸化しにくく、ごま油で揚げたものも酸化しにくい
ごま油に含まれるビタミンEは大豆油やえごま油より少ない
ごま油が酸化しにくい理由とは
ごま油に含まれるセサミンの効果とは
セサミンはリノール酸がアラキドン酸に変化するのを阻害する
コーン油
コーン油の特徴
なたね油
ナタネの品種について無エルカ酸(エルシン酸)と低エルカ酸のもの
なたね油はカノーラ(キャノーラ)油へ
ひまし油
ヒマシ油は実に変わった油だ
米油
米油の脂肪酸組成と成分の特徴
米油とトランス脂肪酸
ココナッツオイル
ココナッツオイルはオメガ3の油ではない
ココナッツオイルはヤシ油について調べれば分かるよ
パーム油
パーム油は世界一生産されている油であった
油と調理
油を使った加熱料理には酸化防止にショウガを入れよう
スパイスは油の酸化を抑える
カレーに使われている油にも注意してみよう
脂質の代謝
カイロミクロンは中性脂肪(TG)を配る
VLDLからコレステロールを配るLDLへ
ブドウ糖を分解する解糖系から脂肪合成に必要なグリセリンを得る
余分なコレステロールを回収するHDL
細胞からコレステロールをHDLに渡すABCタンパク質
脂肪の材料になるのは光合成から作られる糖である
炭素を固定するカルビン回路 光合成暗反応
TCA回路-脂肪を燃やす
脂肪はエネルギーになるために脂肪酸がβ酸化されアセチルCoAまで分解される
石油をつくる藻類ボトリオコッカスとオーランチオキトリウム
脂肪からATPをつくる-電子伝達系
脳でエネルギーとして使われるケトン体について調べてみた
ブドウ糖を脂肪酸に変える
なぜ中性脂肪が高いと善玉コレステロールHDLの数値が低くなるのか?
油脂の加工
ショートニングの歴史から大豆油への水素添加の意味を知る
マーガリンっていつからあるか調べてみたら150年くらい前からあった
けん化価とは何か
ヨウ素価とは何か
内臓脂肪の蓄積は皮下脂肪の蓄積よりずっと悪い
油の融点を変えるエステル交換
油を抽出する溶媒ヘキサンについて
極性について
官能基とにおい
油を精製するとき脱酸の工程では石けんを作る
油の精製とは魔法なのだろうか?
サラダ油ってなんだろう
なぜ含油率が低い大豆から油を搾るのか
脂質のからだへの影響
動脈硬化になる仕組み
動脈硬化は食べた酸化脂質が原因で進むそうです
LDL(低比重リポタンパク)を悪玉にした犯人は?
肉だけを食べて生活するとどうなるか?
日本人は油の摂取量を増やすと糖尿病になりやすくなるかもしれない
再生しない細胞のことを考えると油は重要かもなあ
脂肪(油)のとり過ぎは1970年代から問題視されていた
脂肪のとりすぎとガン
日本人は肉を食べて米を食べなくなった
脂肪をため込む脂肪細胞は肥満すると増えるよ
脂肪が好きなのは本能なのだろうか?
脂肪は脳に作用する
チョコレートの奇跡を読むと、チョコレートのすごい効果がわかる
ココアの効果と分離されるココアバターから脂肪の価値について考えてみた
過酸化脂質
リノール酸の酸化
油の酸化
皮膚の常在菌による皮脂の分解とノネナール
過酸化物価(Peroxide Value: POV)とは
加齢臭の原因といわれる2-ノネナールはビールにもできる
参考書
脂肪の歴史を読んだ
薄毛・白髪に効く!白ごま油うがいを読んだ
「脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因動脈硬化は自分で治せる」を読んだ
人のアブラはなぜ嫌われるのか -脂質「コレステロール・中性脂肪など」の正しい科学
イラストレイテッド ハーパー・生化学について
プロスタグランジン物語
図解でわかる動脈硬化・コレステロールを読んだ
タイトルとURLをコピーしました