プロスタグランジンE2が問題だ

リノール酸を摂りすぎるとよくないといわれる理由は、変換されたアラキドン酸が炎症やアレルギー反応をひどくするプロスタグランジンの材料になるからだといわれます。そのプラスタグランジンは、プロスタグランジンE2、PGE2が主役のようです。

人のアブラはなぜ嫌われるのか -脂質「コレステロール・中性脂肪など」の正しい科学はタイトルにひかれて本屋に並んだ早々に買いました。

私もいつからか、居酒屋でおしぼりで顔をゴシゴシ拭く、正しいオヤジになっていたからです。何で中年以降に顔からの脂の分泌量が増えるのかなと思っていたのです。

しかし、この本はタイトルとは違って、油の知識を広く得るためにとてもよい本でした。アマゾンではレビューがほとんどないですが、タイトルがあまりよくないからではないかと思います。

オメガ6のアラキドン酸からできるプロスタグランジンが炎症やアレルギー反応を亢進するといわれています。そのことについてていねいに説明されています。

プロスタグランジンは正反対の働きをする

必須脂肪酸のバランスはなぜ重要か?という見出しの記事で、オメガ3とオメガ6の脂肪酸のバランスを取る意味が解説されています。

どちらも体にとって必要な油=必須脂肪酸ですが、この必須脂肪酸の摂取バランスが崩れると、「プロスタグランジン」という物質の生成がアンバランスになり、体の調整機能に様々な不具合が生じてしまいます。(中略)

プロスタグランジンは、ホルモンによく似た働きをする生理活性物質で、血管の拡張・収縮、血小板の凝集・阻害、血液の凝固・溶解、炎症・アレルギー反応の抑制・促進など、体の様々な調整機能に関与しています。

血小板の凝集・阻害は血液の固まりやすさに関係しています。血小板が凝集すると血が固まりやすくなります。

プロスタグランジンE1とE3は抑制、E2は促進

プロスタグランジンの種類について書かれていました。

具体的にいうと、プロスタグランジンはE1、E2、E3という3つの種類に分かれており、図に示したように、E1とE3はアレルギーや炎症を抑制し、血液を融解させる方向に、E2は逆にアレルギーや炎症を促進させ、血液を凝固させる方向に働くことがわかっています。

図はこの表のことです。

プロスタグランジンの性質
血液 血管 炎症
E1、E3 溶けやすい 拡張する 抑制する
E2 固まりやすい 収縮 促進する

E1は、n-6系のリノール酸の代謝産物であるジホモ-γ-リノレン酸から、E2はこのジホモ-γ-リノレン酸がさらに代謝してできたアラキドン酸から、E3はn-3系のα-リノレン酸の代謝産物であるEPA(エイコサペンタエン酸)から作られます。(中略)

n-6系の摂りすぎによって問題になるのは、E2のプロスタグランジンが増え、アレルギーや炎症が促進され、血液が凝固しやすくなるとう点です。

それを抑制してくれるのがE1、E3ということになりますが、n-3系が不足するとそれが難しくなり、体の調整機能が狂ってしまいます。

いわばブレーキが利かず、アクセルばかりかかる方向に進んでいってしまうとイメージすればいいでしょう。

動脈硬化、心筋梗塞との関わりで言えば、血小板が固まったり、血栓ができやすくなるため、発症のリスクが増すことが指摘されているのです。

ジホモ-γ-リノレンとアラキドン酸からできるプロスタグランジンは正反対の作用

ジホモ-γ-リノレンはオメガ6の脂肪酸で、上の文に出てくる通り、アラキドン酸に変換される手前の物質です。

お互いに正反対の働きをするプロスタグランジンを作るというのが興味深いです。また、ジホモ-γ-リノレンからアラキドン酸に変換されるための条件は何かあるのだろうかということも気になります。

正反対の働きをするプロスタグランジンが作られる量を調整できたらいいのになと素人考えながら思うからです。

リノール酸からアラキドン酸までの変換は、リノール酸はアラキドン酸に変換されるに詳しく書きました。

この記事では、リノール酸がアラキドン酸に変換され、さらにドコサペンタエン酸に変換されるまでを順番に説明します。エイコサノイドは炭素数20の脂...

そもそも、必須脂肪酸のバランスが重要だと考えられることになったのは、イヌイットの食生活からでした。

イヌイットの食生活調査

野菜を食べずに生肉を食べるイヌイットの話はとても有名です。野菜を食べなくても健康状態がよいという話です。

狩猟や漁業を生業とする彼らの主食はアザラシや魚であり、野菜類はまったく口にしません。

一見すると栄養バランスが偏っているように思えますが、彼らの血液を調べ、血中の総脂質、中性脂肪の割合を316人のデンマーク人と比較したところ、すべての年代で割合が低く、虚血性心疾患の死亡率が圧倒的に少ないことがわかったのです。

デンマーク人 イヌイット
肉食(牛肉や豚肉)
が中心
食事の内容 アザラシの肉や魚
が主食
2.8% n-3系脂肪酸
の摂取割合
13.7%
34.7% 虚血性心疾患
による死亡率
5.3%

こうした原因を探っていくうちに明らかになってきたのが、必須脂肪酸の割合です。アザラシの肉を常食しているイヌイットたちは、デンマーク人に比べn-3系脂肪酸の摂取割合が非常に多かったのです。(中略)

こうした結果、アザラシや魚介類に含まれるn-3系脂肪酸、すなわちEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が「血液サラサラ成分」として注目されるようになり、以後、世界中で研究が進められるようになりました。

肉には飽和脂肪酸が豊富に含まれているので、それが心臓系の血管を詰まらせて心疾患になるのだろうと考えられていたのです。

ところが、イヌイットの食生活では、ほとんど肉だけを食べているのになぜ心疾患にならないのだろうと思われたのです。

調べてみると、イヌイットは、オメガ3(n-3系)の脂肪酸、EPAとDHAを豊富に摂っていて、特にEPAが注目されました。

エイコサペンタエン酸・ドコサヘキサエン酸の抗アレルギー作用について を読むと、もう少し詳しく書かれていました。

オメガ3のEPAが注目された

EPAが注目されるようになったきっかけは、1960年代に行われたグリーンランド先住民族であるイヌイットの疫学調査である。

イヌイットは、脂肪摂取量が多かったにもかかわらずデンマーク人と比較して動脈硬化症が少なく、虚血性心疾患の発症頻度も低いことがわかり、その原因として、彼らの日常の食事源であった海獣に多量に蓄積されていたEPAによるものではないかと推測された。

事実、イヌイットの血液中のEPA含量は極めて高かった。その後、数多くの研究が行われ、EPAのエチルエステル体を高純度に精製したEPA製剤(エパデール)が、1990年に閉塞性動脈硬化症の医薬品として上市されるに至っている。

さらに、このような食生活をしているイヌイットの調査を通じて、EPAやDHAの抗炎症・抗アレルギー作用が発見されました。

EPAやDHAに抗炎症・抗アレルギー作用がある

もともとは、イヌイットの調査で自己免疫性疾患やアレルギー性疾患の発症頻度が少なかったという調査結果から考えられたようです。

EPAやDHA先のグリーンランド先住民の疫学調査においても乾癬、甲状腺中毒症、気管支喘息といった自己免疫性疾患やアレルギー性疾患の発症頻度が少なかったことが示されている。

(1)EPA、DHAの抗炎症・抗アレルギー作用のメカニズム

魚油の抗炎症作用の作用機構については、アラキドン酸カスケードとの競合作用の結果であるという考え方がこれまで有力であった。

すなわち、炎症性の刺激で細胞膜のリン脂質からホスホリパーゼA2により切り出されるアラキドン酸を基質として酵素反応を介して産生されるプロスタグランジンE2、プロスタグランジンD2、トロンボキサンA2、ロイコトリエンB4、ロイコトリエンC4/D4/E4といったエイコサノイドは、炎症反応や免疫反応に重要な役割を担っている。

EPAやDHAは、アラキドン酸が切り出される際に、アラキドン酸と競合するのである。

これに加えて、EPAはサイクロオキシゲナーゼ、5-リポキシゲナーゼの基質ともなり、3系列のプロスタグランジン類、トロンボキサンA3、5系列のロイコトリエン類に変換され 、アラキドン酸由来の2系列のPG類、TXA2、4系列のロイコトリエン類の産生を抑制あるいはアラキドン酸由来のエイコサノイドとも競合するものと考えられている。

加えて、EPA由来のプロスタグランジン類、TXA3、ロイコトリエン類の生理活性は、アラキドン酸由来のエイコサノイドと比較して生理活性が極めて弱いことも報告されている。

さらに、EPAやDHAは、炎症性のサイトカインであるTNF-α,IL-1,IL-6産生を抑制、あるいはナチュラルキラー細胞の活性化を抑制するといった免疫調節作用が報告されている。

以上のように、アラキドン酸カスケードへの競合作用やサイトカイン産生抑制等の免疫調節作用を介して抗炎症作用を発揮していると考えられる。

ここで大切なことは、ラインマーカーを引いたところです。アラキドン酸が切り出される時にEPAやDHAが競合してホスホリパーゼA2の反応を受け、別なプロスタグランジンになります。

細かいところはともかく、アラキドン酸がつくるプロスタグランジンは、炎症やアレルギーの症状をひどくする。一方、EPAやDHAがつくるプロスタグランジンは、反対に炎症やアレルギーの症状を抑えるということです。

まとめ

以前書いたプロスタグランジンが発見される歴史を調べてみたではプロスタグランジン発見の歴史にこんなことがあったことを書いています。

1969年には,イギリスのウェルカム研究所のP.J.PiperとJ.R.Vaneが,それまで作用機序の明らかでなかった抗炎症剤のアスピリンがPGの生合成の阻害剤であることを報告した.

この発見は,その後のPGの研究にはかりしれない大きな影響を与えている.

PGはプロスタグランジンのことです。いままで書いてきたイヌイットの疫学調査と、アスピリンがなぜ炎症を抑えるのかの理由がプロスタグランジンを合成させないからだということが、どのように関係したのか分かりませんが、知りたいです。

また、比較的よく読んでいただいている記事ですが、肉だけを食べて生活するとどうなるか?では、別の視点で、肉だけを食べることを考えています。もちろん、イヌイットの食生活に関係があります。

炭水化物をほとんど摂らないことと、調理方法で焼かないことがポイントです。煮るゆでることと焼くのは違うのかなと思いました。

この記事では、肉だけを食べ続けたら健康状態がどのように影響されるのかについて書きます。肉にはご承知の通り、飽和脂肪酸とコレステロールがたくさ...

プロスタグランジンが発見される歴史を調べてみた

プロスタグランジンは、細胞膜のリン脂質にあるアラキドン酸、γ-リノレン酸とEPAから作られます。もともと精液から発見され、その後、脂肪酸が材料になることが分かりました。また、アスピリンが効くのは、プロスタグランジンを作らせないからだと発見されました。

コレステロールを下げるには

総コレステロールを下げるには、調理に使う油を、不飽和脂肪酸の油に替えること。そして大豆を食べるようにすることが手っ取り早くできる方法です。コーヒーを飲み過ぎるとコレステロールを上げる原因になるそうです。

スポンサーリンク