ラニエリオリーブオイルがやっぱりうまいな

カルディコーヒーファームで売っているラニエリ・エクストラバージンオリーブオイルがゴールデンウイーク期間、お店で1280円で買えるみたいです。

ラニエリ

GW期間中、お店で1280円みたいです

しばらくぶりに、カルディコーヒーファームで、ラニエリエキストラバージンオリーブオイル(1リットル)を買って来ました。ゴールデンウイーク期間は1280円だそうです。

フタを開けて、スプーンにたらしてなめてみるとやっぱりうまいなと思いました。少し軽いけれど風味がよいと思います。ラニエリはどんなオリーブオイルなんだろうと思って改めて調べてみました。

カルディのサイトに説明がありました。

「 ラニエリ 」は100%イタリア産オリーブ(プーリア産、ソレント産)を使用。イタリア国内のオリーブオイル評定委員資格を持つMIRA社の製品で、100年以上も変わらぬ製法で作られています。また、品質管理にも力を入れており、2000年にはISO9001も取得しています。ぜひ一度ご賞味ください。

「 ラニエリ 」は100%イタリア産オリーブ(プーリア産、ソレント産)を使用。イタリア国内のオリーブオイル評定委員資格を持つMIRA社の製品で、100年以上も変わらぬ製法で作られています。

また、品質管理にも力を入れており、2000年にはISO9001も取得しています。ぜひ一度ご賞味ください。

EXVオリーブオイルとは収穫したオリーブを伝統のコールドプレス製法で絞っただけの熱処理を全くしていないオイルのことです。

そのため、味・色・香りとも豊かで、フルーティー。肉や魚、野菜の味付け、マリネやサラダなどオリーブオイルの味をそのまま生かすメニューに最適です。

ついでに、ラニエリのサイトも探してみました。

このページの下に、ビンが何種類か並んでいますが、一番右の1lt(リットル)がカルディで売っているラニエリみたいです。

このところ、オリーブオイルは、1リットルサイズの安いものをあれこれためしていました。800円くらいから1000円程度で買えるものを探しました。

しかし、味がよくない。私の舌で分かるくらいだから本当によくないのだと思います。なぜ探したのかというと、ラニエリが昨年1600円を超えるまで値上がりしたからです。

カルディコーヒーファームに行くようになったのは、2002年から。店舗が増えて、今はうちから歩いて数分のところにもできましたが、当時は、地下鉄を乗り換える駅にありました。そして、ラニエリオリーブオイルを買うようになったのも、この頃からです。

15年くらい買っていました。

オリーブオイルを使う前は、太白ごま油を使っていました。当時、黒ごまペーストを買っていて、バターのかわりにパンに塗っていたので、その影響です。太白ごま油はクセがなくておいしい、焙煎していないごま油です。

それより前は、何も考えていなかったので、普通にサラダオイルを買っていたと思います。

2002年頃のことを思い出すと、今と違って円高だったので、輸入食品は全般的にとても安かったのです。たしか・・・、カルディでも500g入ったパスタ(乾麺)が100円だったと思います。

そして、ラニエリも800円台でした。1リットル入りでこの値段なら、太白ごま油よりも安かったのです。

それからずっと使っていました。ボトルがペットになったりガラスに戻ったりしましたが、価格は安定していました。しかし、何年か前に1000円になり、その後1300円になり、昨年1600円を超えました。

そこそこ買いやすい値段で味がよいラニエリ

それで、ためしに安いオリーブオイルを何回か買ってみたのですが、何か香りと味が気に入らない。

ラニエリは、使っている間は分からなかったですが、他の安いオリーブオイルと比べると、味も香りもよかったのだなあと思いました。

ごま油の脂肪酸組成とごま油の作り方を調べた

栄養豊富なごまですが、ごま油は脂質100%です。脂肪酸組成は、オメガ6のリノール酸が40%、オレイン酸がやはり40%近くあり、その他はほぼ飽和脂肪酸です。ごま油は、焙煎したごまから油を搾ります。白ごま油は、焙煎しないごまから油を搾って精製したものです。白ごま油うがいにはこちらを使います。

プロスタグランジンが発見される歴史を調べてみた

プロスタグランジンは、細胞膜のリン脂質にあるアラキドン酸、γ-リノレン酸とEPAから作られます。もともと精液から発見され、その後、脂肪酸が材料になることが分かりました。また、アスピリンが効くのは、プロスタグランジンを作らせないからだと発見されました。

スポンサーリンク