オメガ6の脂肪酸とはω端から6番目の炭素に二重結合がある

オメガ6の脂肪酸は、脂肪酸のカルボキシ基(-COOH)とは反対側の端、オメガ端から6番目の炭素に二重結合がある脂肪酸です。オメガはギリシャ文字で最後の文字です。終わりという意味があります。位置を意味しています。

オメガ

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しようではオメガ3について説明しました。この記事ではオメガ6の脂肪酸について説明します。

スポンサーリンク

オメガ6とはどんな意味なのか

オメガ6とは、脂肪酸のカルボキシ基(-COOH)とは反対側の端、オメガ端から6番目の炭素に二重結合があることを示しています。

図を見てください。オメガ6の脂肪酸として知られるリノール酸です。

オメガ(ω)端から6番目の炭素に二重結合がある

リノール酸

左端がカルボキシ基(-COOH)で、右側はメチル基(CH3)です。右側のメチル基のことをω(オメガ)端といいます。ω(オメガ)ギリシャ文字で最後の文字です。終わりという意味があります。

炭素の位置は、カルボキシ基(COOH)の隣の炭素から、α(アルファ)位、β(ベータ)位、γ(ガンマ)位・・・と呼ばれます。

ギリシャ文字は24文字ありますが、一番端は、脂肪酸の炭素数にかかわらず、いつもω(オメガ)端です。

つまり、オメガ6の脂肪酸とは、ω(オメガ)端から数えて6番目の炭素に最初の二重結合がある脂肪酸のことをいいます。

また、同じことを、図にある通りn-6と書く場合もよくあります。

オメガ6の脂肪酸の種類

オメガ6の脂肪酸は、いくつもありますが、油について知るために代表的なのは、上の図でも描いたリノール酸です。炭素数が18で炭素の二重結合を2つ持ち、食べものからとらなければならない必須脂肪酸です。

リノール酸は、体の中でγ(ガンマ)リノレン酸、ジホモ-γ-リノレン酸アラキドン酸、ドコサテトラエン酸、ドコサペンタエン酸と変化していきます。

この中で、炭素数20のジホモ-γ-リノレン酸とアラキドン酸が重要です。エイコサノイドという、ホルモンに似た働きをする生理活性物質の材料になるので、体に影響を与えることがよく知られています。

リノール酸がアラキドン酸になるまでは、リノール酸はアラキドン酸に変換されるにまとめました。もちろん、アラキドン酸からドコサペンタエン酸までも解説してあります。ぜひ読んでみてください。

リノール酸がアラキドン酸に変換され、さらにドコサペンタエン酸に変換されるまでを順番に説明します。エイコサノイドは炭素数20の脂肪酸からつくら...

まとめ

油の本を読んでいて、初めて「オメガ」いや「ω」を見た時、なにやら難しげなことなのだろうかと思ってしまいました。

しかし、調べてみれば、単なる二重結合の位置のことです。

油の話には化学がつきものですが、油を理解するために必要な化学はそれほどむずかしくありません。高校生が使う化学の薄い参考書を買ってくるとよいですよ。それでほとんど間に合います。

スポンサーリンク