真島康雄

スポンサーリンク
脂質のからだへの影響

動脈硬化になる仕組み

この記事は、2009年に出版された脳梗塞・心筋梗塞は予知できるを読んで、動脈硬化になる仕組みをまとめました。 その後、2018年に同じ著者が脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因動脈硬化は自分で治せるという本を書かれて、動脈硬化になる仕組...
脂質のからだへの影響

動脈硬化は食べた酸化脂質が原因で進むそうです

動脈硬化は、血液検査でLDLや中性脂肪の値が正常でもかなり進んでいることがあるそうです。しかも、それは食べ物に大きく影響されます。特に、肉や揚げ物をたくさん食べたり、大酒を飲んでいたり、いつも甘い物を食べていると早く進みます。しかし、食生活...
参考書

「脳梗塞・心筋梗塞・高血圧は油が原因動脈硬化は自分で治せる」を読んだ

動脈硬化は油のとり過ぎが原因であり、超微粒子の脂肪滴が血管内皮細胞すき間を通って内部にたまりプラークとなります。お酒の飲み過ぎと甘い物を食べ過ぎは、内皮細胞を縮めてすき間を広げ、プラークがたまるスピードを上げます。 石灰化したプラーク...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました