オメガ3

スポンサーリンク
畜産物

畜産物の中のオメガ3

畜産物の脂肪酸組成は、与えられたエサを反映します。穀物が多ければ、リノール酸が多くなります。最近、牧草で育てたグラスフェッドビーフ(grass-fed beef)が話題になっていたので、興味を持っていました。 牧草で飼育された牛と...
食品の中のオメガ3

食品の中に含まれるオメガ3

食品の中のオメガ3を調べました。オメガ3の脂肪酸は、α-リノレン酸、EPA、DHAです。記事数が多いので、カテゴリーをさらに、農産物、水産物、畜産物、加工品に分けました。 油以外の食品にどのくらいオメガ3が含まれているのだろう ...
農産物

農産物の中にどのくらいオメガ3脂肪酸が含まれているか

植物に含まれているオメガ3の脂肪酸はα-リノレン酸です。植物性の食品にどのくらい含まれているか、α-リノレン酸が多いえごまやチアシード、豆乳、納豆、豆、アーモンド、ピーナッツなどのナッツ類、ごまや、アボガド、栗について調べました。 ...
α-リノレン酸

お店で買える油の中でα-リノレン酸が多いのはえごま油と亜麻仁油

オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。 ...
オメガ3

オメガ3とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?

動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。
オメガ3の油

オメガ3の油は5種類ある

オメガ3の油は5種類あります。えごま油、亜麻仁油、チアシードオイルのほか、加熱に強いサチャインチオイル(インカインチオイル)、保存性に優れたカメリナ油の5種類ありオススメできます。オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました