亜麻仁と亜麻仁油の栄養成分の比較

亜麻仁油はよく知られていますが、亜麻仁について調べたことがなかったので、栄養成分を調べました。たんぱく質と食物繊維が多いのが特徴です。必須アミノ酸もそろっていました。ミネラルビタミンはそれほど多くはありません。ただ、亜麻仁油には、脂溶性ビタミン以外は、「油」でした。

亜麻仁

亜麻仁の栄養成分

亜麻仁は見た目がゴマに似ていますが、同じように、ローストして(炒って)食べることができます。亜麻仁油の原料ですから、脂質が多いのは当たり前ですが、成分表を見るといくつか特徴があります。

たんぱく質と食物繊維が多い

たんぱく質が20g以上あります。ごまと同じくらいあります。なかなか栄養豊富な食べ物です。その他の特徴は、食物繊維が多いことです。

炭水化物30.4g中、食物繊維総量が23.8gあります。これは多いですね。食物繊維はヒトが消化できませんから、糖質は100g中に7g程度しかない計算になります。

必須アミノ酸が全てある

必須アミノ酸も全てそろっています。必須アミノ酸はイソロイシン、ロイシン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン(スレオニン)、トリプトファン、バリン、ヒスチジンです。

ミネラル、ビタミンなどはありますが、特徴がないですね。

100gあたりの栄養成分
あまに/いり あまに油
エネルギー 562kcal 921kcal
水分 0.8g Tr
たんぱく質 21.8g 0
脂質 43.3g 100g
炭水化物 30.4g 0
灰分 3.7g 0
アミノ酸組成によるたんぱく質 19.8g
トリアシルグリセロール当量 41.1g 99.5g
ナトリウム 70mg 0
カリウム 760mg 0
カルシウム 210mg Tr
マグネシウム 410mg 0
リン 710mg 0
9mg 0
亜鉛 6.1mg 0
1.26mg 0
マンガン 2.97mg 0
ヨウ素 0
セレン 3µg
クロム 25µg
モリブデン 13µg
レチノール 0 0
α-カロテン 0 0
β-カロテン 14µg 10µg
β-クリプトキサンチン 2µg 3µg
β-カロテン当量 16µg 11µg
レチノール活性当量 1µg 1µg
ビタミンD 0 ‘(0)
α-トコフェロール 0.4mg 0.5mg
β-トコフェロール 0 0
γ-トコフェロール 10.2mg 39.2mg
δ-トコフェロール 0.2mg 0.6mg
ビタミンK 7µg 11µg
ビタミンB1 0.01mg 0
ビタミンB2 0.17mg 0
ナイアシン 2.6mg 0
ナイアシン当量 9.4mg 0
ビタミンB6 0.4mg
ビタミンB12 Tr
葉酸 45µg
パントテン酸 0.24mg
ビオチン 33.3µg
ビタミンC 0 ‘(0)
脂肪酸総量 39.3g 95.13g
飽和脂肪酸 3.62g 8.09g
一価不飽和脂肪酸 6.55g 15.91g
多価不飽和脂肪酸 29.13g 71.13g
コレステロール 2mg 2mg
単糖当量 1.2g
水溶性食物繊維 9.1g 0
不溶性食物繊維 14.7g 0
食物繊維総量 23.8g 0
食塩相当量 0.2g 0
アルコール
重量変化率
n-3系多価不飽和脂肪酸 23.5g 56.63g
n-6系多価不飽和脂肪酸 5.63g 14.5g
16:0パルミチン酸 2000mg 4500mg
18:0ステアリン酸 1400mg 3200mg
18:1計 6500mg 16000mg
18:2n-6リノール酸 5600mg 14000mg
18:3n-3αーリノレン酸 24000mg 57000mg
20:4n-6アラキドン酸 0 0
20:5n-3イコサペンタエン酸 0 0
22:6n-3ドコサヘキサエン酸 0 0
イソロイシン 1100mg
ロイシン 1500mg
リシン 650mg
メチオニン 440mg
シスチン 270mg
含硫アミノ酸合計
フェニルアラニン 1200mg
チロシン 570mg
芳香族アミノ酸合計
トレオニン 910mg
トリプトファン 410mg
バリン 1300mg
ヒスチジン 570mg
アルギニン 2300mg
アラニン 1200mg
アスパラギン酸 2400mg
グルタミン酸 4900mg
グリシン 1500mg
プロリン 910mg
セリン 1100mg
ヒドロキシプロリン
アミノ酸合計 23000mg
アンモニア 610mg
でんぷん 0.2g
ぶどう糖 0
果糖 0
ガラクトース
しょ糖 0.9g
麦芽糖 0
乳糖 ‘(0)
トレハロース
利用可能炭水化物計 1.2g
ソルビトール
マンニトール

亜麻仁油の栄養成分

亜麻仁油は脂質100%です。たんぱく質や炭水化物はありません。また、亜麻仁に含まれていたミネラルは全てなくなりました。

脂溶性のビタミンが残る

もともと原料にも少なかったですが、ビタミンA(レチノール当量を見てください)とビタミンE(トコフェロール)とビタミンKが、そのままか、わずかに濃縮されて亜麻仁油に残っています。それぞれ脂溶性の、つまり油に溶けるビタミンです。

亜麻仁油は油そのもの

亜麻仁と亜麻仁油を比較すると、原料の亜麻仁は栄養が豊富なのに、亜麻仁油は脂溶性ビタミン以外ほとんど含まない「油」になっていることがわかります。

亜麻仁油には独特の風味があります。

香り成分はたくさん含まれているわけではないですが、ごくわずかでAの油とBの油が別なものだと識別できるのですから、面白いなと思います。

亜麻仁油については、オメガ3の油は5種類あるで紹介しています。

オメガ3の油は5種類ある
オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。おすすめできるものは、えごま油、亜麻仁油、チアシードオイルのほか、加熱に強いサチャインチオイル(インカインチオイル)、保存性に優れたカメリナ油の5種類あります。...

私のように、原料と油を比較して、もったいない!と思う方は、亜麻仁を買って食べるのがよいかもしれません。

亜麻仁はローストしたものを買う

亜麻仁はアーモンドと同じようにローストして食べる必要があります。亜麻の実には、シアン化合物として、シアン配糖体であるリナマリンが含まれていることが知られています。(参考

ローストしてあるものを買うのが間違いありません。

NOTE

高価な油を使うのはぜいたくなことですが、油の原料は、油よりも間違いなく栄養が豊富です。ごま油よりもごま、えごま油よりもえごま、亜麻仁油よりも亜麻仁に関心が持たれるようになり、食べられるようになるといいなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました