卵のオメガ3は少ないがエサを変えれば増える

鶏卵の脂質は卵黄(黄身)にあります。一般的には卵に含まれるオメガ3脂肪酸は少ないですが、オメガ3を含むエサを与えると増えます。オメガ3脂肪酸を増やした卵もありました。

生卵

鶏卵全卵の生とゆで、そして生の卵黄と生の卵白にわけて調べました。日本食品標準成分表2015年版(七訂)を使って調べています。

卵の脂質は黄身だけ

卵の脂質は卵白(白身)にはなく卵黄(黄身)にだけあります。卵黄だけ見ると、脂質が35%くらいあります。道理で「こってり」しているわけです。

全卵でも10%以上あります。たんぱく質も12%以上あり、炭水化物はほとんどありません。

日本卵業協会のサイトを見ると、卵のサイズと重量がでています。LL は70g以上76g未満でL は 64g以上70g未満と書かれていました。

日本卵業協会

卵1個で、なかなか栄養豊富です。

オメガ3脂肪酸は0.1%

脂肪酸の中では、オレイン酸が一番多く、次いでパルミチン酸、リノール酸と続きます。オメガ3の脂肪酸は、α-リノレン酸、EPA、DHAともありましたが、ごく微量で、全部合わせても100gあたり0.1g、つまり0.1%の含有量です。

全卵/生 全卵/ゆで 卵黄/生 卵白/生
エネルギー 156kcal 156kcal 397kcal 46kcal
水分 76.9g 76.1g 49.5g 88g
たんぱく質 12.4g 13.1g 16.6g 10.3g
脂質 10.7g 10.4g 34.5g Tr
炭水化物 0.4g 0.3g 0.2g 0.4g
灰分 1g 1g 1.8g 0.6g
食塩相当量 0.4g 0.4g 0.1g 0.5g
脂肪酸総量 8.12g 7.99g 27.16g 0.01g
飽和脂肪酸 2.79g 2.72g 9.34g Tr
一価不飽和脂肪酸 3.85g 3.84g 12.87g Tr
多価不飽和脂肪酸 1.7g 1.65g 5.68g Tr
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.1g 0.1g 0.35g 0
n-6系多価不飽和脂肪酸 1.38g 1.33g 4.6g Tr
16:0パルミチン酸 2000mg 2000mg 6800mg 2mg
18:0ステアリン酸 690mg 690mg 2300mg 1mg
16:1パルミトレイン酸 220mg 200mg 720mg 0
18:1計 3600mg 3600mg 12000mg 1mg
18:1n9オレイン酸 3400mg 3400mg 11000mg 1mg
18:2n-6リノール酸 1100mg 1100mg 3800mg 1mg
18:3n-3αーリノレン酸 29mg 28mg 96mg 0
20:4n-6アラキドン酸 160mg 160mg 540mg Tr
20:5n-3イコサペンタエン酸 1mg 1mg 3mg 0
22:6n-3ドコサヘキサエン酸 67mg 66mg 220mg 0

卵の脂肪酸はえさで変わる

普段食べている卵は、100%飼育されています。つまり、エサは与えられたものです。卵の脂質は、エサの中の脂質がほぼ移動したものと考えて間違いありません。そうすると、オメガ3のエサを与えれば、卵に含まれる。オメガ3の脂肪酸が増えます。

オメガ3脂肪酸が多い卵

探してみると、ありました。(他にもいろいろ会社があります)

「亜麻種子を飼料として与えています」と書かれていました。なかなか高品質の卵のようです。

平飼い有精卵 オメガ3 | 緒方エッグファーム
平飼いで飼育されている鶏は、オメガ3脂肪酸(DHA,ALA,EPA等)が豊富に含まれる亜麻種子を飼料として与えています。これを食べた鶏は健康で栄養価の高い卵を産みます。日本で始めてブルーブランクールが提唱するこの取組みに賛同し商品化に成功しました。

ほかに、単純に考えても、魚粉を与えるとEPAやDHAが増えますね。

NOTE

100%飼育されている動物は、エサは設計して与えられているので、コストを考えなければ含まれるの脂肪酸組成は変えることができます。卵もエサを変えればオメガ3の脂肪酸を増やすことができます。

しかし、もっとごく単純に考えると、自分で魚を食べた方が早いかもしれないですね。

タイトルとURLをコピーしました