豚肉とオメガ3脂肪酸

豚肉に含まれるオメガ3脂肪酸は、100gあたり75g以上が脂質のロース脂身でも、わずか0.4g程度しか含まれません。赤身と脂身が適当に混ざった豚肉ならどの部位を食べても、オメガ3脂肪酸は、「ない」と思ってよいです。

豚肉の脂肪酸組成は、エサに由来します。

豚肉

豚肉の部位について

普段、何となく肉を買っていますが、ロース、バラ、ヒレなどなど場所がよくわからなかったので調べました。

東京都中央卸売市場のサイトに牛・豚の基礎知識 – 部位別の名称がありました。

東京都中央卸売市場
I 牛・豚の基礎知識 牛・豚の種類 牛・豚の出&#33...

ロースについて調べてみよう

私はトンカツを食べるときにいつもロースを頼みます。ロースについて調べてみましょう。

日本食品標準成分表2015年版(七訂)には大型種肉と中型種肉の区別がありましたが、数字を見比べるとほとんど違いがないので、大型種肉の数字を使います。

ロースの場所がわからない方は、リンク先に図がありますから見てきてください。背中の部位です。

さて、ロースについて調べると4つに分かれていました。それぞれ生(なま)です。ロースは赤身と脂身がわりとはっきり分かれているので、赤身だけだとほとんど脂質が含まれていないことがわかります。

脂身は白い部分です。

食品100gあたりの栄養成分
ロース/脂身つき生 ロース/皮下脂肪なし生 ロース/赤肉生 ロース/脂身生
エネルギー 263kcal 202kcal 150kcal 740kcal
水分 60.4g 65.7g 70.3g 18.3g
たんぱく質 19.3g 21.1g 22.7g 5.1g
脂質 19.2g 11.9g 5.6g 76.3g
炭水化物 0.2g 0.3g 0.3g 0
灰分 0.9g 1g 1.1g 0.3g
食塩相当量 0.1g 0.1g 0.1g 0

あたりまえですが、脂身はほとんど(75%以上)が脂質です。

脂身にオメガ3の脂肪酸がどのくらい含まれているか最初に調べれば、あとは大体想像できます。やってみましょう。

一番脂質が多い脂身でもわずか0.48g

100g中76.3gが脂質のロース脂身ですが、そのロース脂身100gに含まれるオメガ3の脂肪酸は、わずか0.48gです。脂身で、0.48gです。

普通に食べる、赤身と脂身が適当に混ざった豚肉では、どこを食べても「ない」に等しいです。

ちなみに一番多いのはオレイン酸。オリーブ油の主成分です。次いで、飽和脂肪酸のパルミチン酸、ステアリン酸と続きます。リノール酸も8g程度ありますね。

食品100gあたりの
栄養成分
ロース/脂身生
エネルギー 740kcal
水分 18.3g
たんぱく質 5.1g
脂質 76.3g
炭水化物 0
灰分 0.3g
脂肪酸総量 71.58g
飽和脂肪酸 32.03g
一価不飽和脂肪酸 30.08g
多価不飽和脂肪酸 9.48g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.48g
n-6系多価不飽和脂肪酸 9g
14:0ミリスチン酸 1100mg
16:0パルミチン酸 18000mg
18:0ステアリン酸 12000mg
16:1パルミトレイン酸 1200mg
18:1計 28000mg
18:2n-6リノール酸 8400mg
18:3n-3αーリノレン酸 370mg
20:4n-6アラキドン酸 120mg
22:6n-3ドコサヘキサエン酸 41mg

肉に含まれる脂肪酸はエサ由来

豚肉の脂肪に含まれる脂肪酸は、何を食べているかに影響されます。もう少していねいにいうと、エサに含まれる脂質が、豚肉の脂質になります。

豚は雑食性

「豚のえさ」といういい方があります。あまりよい意味ではないのですが、豚が何でも食べる雑食性であることも示しています。

畜産ZOO鑑(ちくさんずーかん)の何でも食べ、おいしい肉に変えてくれる【エサのあたえ方】には、「多くの豚は、トウモロコシやダイズなどを混ぜたエサ(配合飼料)を食べています」と書かれていました。

何でも食べ、おいしい肉に変えてくれる【エサのあたえ方】

さらに、エサの種類と特徴には次のように書かれています。

エサには、大きく分けて濃厚飼料と粗飼料があります。濃厚飼料は粗飼料に比べ、タンパク質、炭水化物などが多く含まれており、粗飼料は牧草などからつくられるため、カサがあります。それぞれの原料となるものには

濃厚飼料:穀類、ヌカ類、油粕類、製造粕類、動物質飼料、残飯など
粗飼料:青刈り作物、牧草、根菜類

があります。

エサの種類と特徴

穀物にはリノール酸が多い

トウモロコシや大豆など穀物には一般にリノール酸が多く含まれています。穀物油もリノール酸が多いのが特徴です。α-リノレン酸も含まれていますが、その割合はリノール酸の方がずっと高い。

穀物をたくさん食べれば、含まれている脂質はエネルギーとしても使われますが、肉の脂身にたまっていきます。

トウモロコシや大豆は生産量が多く、栄養価が高く、安価であるので飼料として一般に使われます。

NOTE

肉にどのくらいオメガ3が含まれるんだろう?と思った時は、どんなエサを食べているんだろうと考えるとよいです。

もし、穀物がたくさん与えられていたら、トウモロコシや大豆なので、リノール酸はそこそこあるけど、オメガ3のα-リノレン酸はほとんどありません。

ちなみに、ヒトも同じです。

以前、EPAの効果についてという記事を書きました。

EPAの効果について
EPAに特有の血液サラサラ効果は、グリーンランドのイヌイットの血液検査からわかりました。それまでアラキドン酸によって調べられた反応経路をEPAがたどると、血小板凝集を促進させるものがつくられず、さらに、血小板凝集を強力に抑制させるものがつく...

その中で、イヌイットとデンマーク人の血液検査の話を書きました。血漿中のアラキドン酸とEPAを比較すると、デンマーク人とグリーンランドイヌイットでは正反対の結果になりました。

もちろん、イヌイットの血漿中のEPAの値はとても高いのです。魚や魚をエサにしている動物を食べているからです。

タイトルとURLをコピーしました