α-リノレン酸の記事一覧

α-リノレン酸の記事一覧 α-リノレン酸

オメガ3の脂肪酸α-リノレン酸についての記事一覧です。

α-リノレン酸は、EPAやDHAに変換していくことが知られています。DHAになるまで5つの反応があります。

α-リノレン酸は必須脂肪酸としてよく知られています。もう一つの必須脂肪酸、リノール酸が必須脂肪酸だと認識されたのは1930年代でしたが、α-リノレン酸が必須脂肪酸だと認識されたのは1980年代でした。その歴史を調べました。

オメガ3の油とは、調理に使う植物油のことで、脂肪酸組成がα-リノレン酸の多い油のことです。えごま油、亜麻仁油、チアシードオイル、インカインチオイル、カメリナ油の5種類あります。性質が変わりやすく、酸化すると魚くさくなります。

α-リノレン酸がたくさん含まれているのは、亜麻の実、えごまは当たり前です。その他に大豆にも多いです。その他に多いものはないかと一通り調べました。意外にも煎茶に多いです。

亜麻仁油マヨネーズ。ネットでは酸化しやすい油を使うなんて!と批判も見かけます。しかし、マヨネーズの製造技術を調べて読んでいくと、マヨネーズ自体がもともとひどく酸化されやすいものなのです。メーカーはそれを何とかするためにいろいろな技術を開発しています。それを知ると、亜麻仁油マヨネーズが出てきても何も不思議はありません。もちろん、普通のマヨネーズよりもサイズが小さいものしかないのは、早く使う必要があるからです。

天ぷらを揚げていて油酔いする経験は、料理屋、旅館など大量に揚げ物をするところでしかできないと思います。油酔いの原因となるアクロレインはα-リノレン酸を加熱するとできるものです。揚げ物にサラダオイルを使わないようにするきっかけになるかもしれません。

α-リノレン酸は、「リノレン酸」だけを覚えている人もいますが、リノール酸が変化すると炭素の二重結合が1個増えた、γ(ガンマ)-リノレン酸もできます。構造式も載せたので、α-リノレン酸、リノール酸と見比べていただけます。

スポンサーリンク
α-リノレン酸

α-リノレン酸がEPA、DHAに変換されるまで5つの反応がある

炭素数18のα-リノレン酸は5つの酵素反応によって、二重結合を3つ増やし、炭素数を4個増やします。この反応で、EPAとDHAができます。
α-リノレン酸

お店で買える油の中でα-リノレン酸が多いのはえごま油と亜麻仁油

オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。 ...
α-リノレン酸

太田油脂 マルタえごまオイル

日本で初めてえごま油を量産化した太田油脂のマルタえごまオイルです。 食用えごま油(えごま種子産地:中国 最終加工地:日本) 酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE) 初めてえごま食用油として出された商品 マルタえごまオイルは...
α-リノレン酸

飛騨生搾りえごま油

国産のえごまを使った国産のえごま油です。しかも注文が来てから搾油する新鮮なえごま油。 飛騨産えごま(農薬不使用、無添加、純国産えごま)100%使用。 50g入りで価格は1,800円(税込)です。品薄になると急に値上がりするのでメ...
α-リノレン酸

サチャインチオイルからオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸のバランスについて考えた

サチャインチオイルの脂肪酸組成の特徴は、α-リノレン酸が約50%でリノール酸が35%とリノール酸が意外と多いところです。リノール酸が多く、α-リノレン酸がほとんど含まれないコーン油と比較する実験では、サチャインチオイルの方が、総コレステロー...
α-リノレン酸

αリノレン酸がEPAとDHAに変化する割合はとても低い

亜麻仁油やえごま油はEPAとDHAに変換されるから、いろんなものにかけて摂った方がよいとすすめられますが、EPAやDHAに変換される比率は高くありません。EPAやDHAを摂るなら魚を食べるのが一番よい方法です。 えごま油や亜麻...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました