2018-12

スポンサーリンク
EPA

EPAが多い食品は?

EPAが多い食品はほとんど魚だと思って間違いありません。不足を心配するよりも魚を食べていると十分だと思っていただきたくて、ベスト100位まで調べました。 最初に知っておこう1日の摂取量 日本人の食事摂取基準(2015年版)では、...
DHA

DHAが多い食品は?

魚の脂肪にはDHAの方がEPAより多く含まれています。成人男女には1日2g程度のオメガ3脂肪酸が必要とされていますが、いわし、さんま、さばなどの青魚を100g食べると、さんまとさばならDHAだけで2gを超えてしまいます。DHAが多い食品ベス...
EPA

EPAの効果について

EPAに特有の血液サラサラ効果は、グリーンランドのイヌイットの血液検査からわかりました。それまでアラキドン酸によって調べられた反応経路をEPAがたどると、血小板凝集を促進させるものがつくられず、さらに、血小板凝集を強力に抑制させるものがつく...
DHA

ツナ缶のDHAは少ないよ

ツナ缶のDHA(とEPA)について調べてみました。意外にも少ない。DHAは多いものでもサバ水煮缶の1/3程度しかありませんでした。 DHAやEPAが必要だと考えている方は、サバ水煮缶を食べるのがよいです。 ツナ缶のDHAを調...
コレステロール

イラストレイテッド ハーパー・生化学について

2017年の春にイラストレイテッド ハーパー・生化学原書29版を買ってそれ以来使っています。きっかけは、アセチルCoAからコレステロールが合成される図を見たからです。 最新版は2016年刊行の30版です。出版社に敬意を表して先...
アラキドン酸

プロスタグランジン物語

プロスタグランジン物語は1983年発行の本です。プロスタグランジンを発見し、働きを研究してきた人達が1982年にノーベル医学生理学賞を受賞したことをきっかけに発行された本です。 プロスタグランジンについて最近の本はないみたい プ...
ごま油

セサミンはリノール酸がアラキドン酸に変化するのを阻害する

ごま油に含まれているセサミンは、リノール酸がアラキドン酸に変化するまでの反応のうち、一番最後、ジホモ-γ-リノレン酸がアラキドン酸に変化するのを阻害します。 ごま油はリノール酸が多い油ですが、リノール酸の多さを少し割り引いて考えられると思います。
ごま油

セサミンの効果とは

ごま油にセサミンは含まれています。セサミンはビタミンEが肝臓細胞の解毒酵素で代謝されてしまうのを阻害し、ビタミンEの体内濃度を上げます。また、セサミン自体には抗酸化作用はありませんが、解毒酵素で代謝されると強い抗酸化力を発揮します。 ...
ごま油

ごま油が酸化しにくい理由とは

ごま油の酸化されにくい性質は、もともとごまに含まれているリグナンの一つ、セサモリンによります。太白ゴマ油の場合は、セサミノールに変化し、焙煎ゴマ油の場合は、セサモールに変化します。ただ、セサモールは、時間の経過とともに減少するので、セサモー...
ごま油

ごま油に含まれるビタミンEは大豆油やえごま油より少ない

ごま油の抗酸化力はビタミンEが多いからだと本で読んだのですが、酸化されやすい油だと知られている大豆油とえごま油と比較してみると、多くない、いや、むしろ少ないことがわかりました。 ごまについてこんな本を読みました。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました