オメガ3の効果記事一覧

オメガ3脂肪酸の効果についての記事一覧です。

スポンサーリンク
オメガ3

オメガ3脂肪酸は酸化ストレスを軽減する

オメガ3の油(魚油)は、大気下では、とても酸化されやすい性質があります。しかし、体の中では、酸素の量が減るので酸化しにくくなり、さらに、体の中で強い酸化ストレスがかかると、オメガ3の油は、自身は過酸化されるものの、細胞の酸化を防ぐ働きがある...
オメガ3

オメガ3の脂肪酸はうつに効果がある?

魚油には抑うつ気分やうつ病を防ぐ働きがあると考えられていますが、男性には効果的ではないようです。また、うつの人にEPAを投与する場合、1日1グラムが適量で、多いと効果がでないことが書かれていました。 油について本をいろいろ読む...
DHA

魚を食べていると生活習慣病が予防できる

EPAとDHAはオメガ3の脂肪酸です。EPAにはいわゆる血液サラサラ効果があり、抗凝固薬、血小板凝集抑制薬として使われています。冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病、いくつかのがんに効果があります。魚に豊富に含まれています。それぞれ含有量を調べました。
オメガ3

えごま油と魚油を比べると魚油の方が太りにくい

えごま油と魚油は同じオメガ3の油です。魚油には体重・体脂肪を増やしにくい性質があります。4種類のタイプの油を使った実験飼料をラットに摂取させ肝臓にたまる脂肪滴を調べる実験で、魚油は脂肪滴の数が少なく大きさも小さい、脂肪をためにくく体重が増え...
DHA

DHAの効果について

DHAは、乳児期の脳の発達のために必要です。また、アトピー性皮膚炎にも効果がありました。さらに生活習慣病に対してDHAはEPAと同等の効果があり、脂質異常症(高脂血症)と閉塞性動脈硬化症に効果があります。アルツハイマー型認知症の原因物質の蓄...
EPA

EPAの効果について

EPAに特有の血液サラサラ効果は、グリーンランドのイヌイットの血液検査からわかりました。それまでアラキドン酸によって調べられた反応経路をEPAがたどると、血小板凝集を促進させるものがつくられず、さらに、血小板凝集を強力に抑制させるものがつく...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました