コレステロールについて知っておきたいこと

コレステロールは脂肪ではありませんが、脂質です。細胞膜でリン脂質を支える役割をしています。肉にはそれほど含まれていません。卵黄に一番多いです。食べ物のコレステロールはそのまま体の中に入ってきます。

水に溶けないので、リポタンパク質にくるまれて脂肪と一緒に血液中を流れます。コレステロールは動脈硬化の原因になるといわれていますが、酸化されたものがよくないようです。食事をコントロールしてよく運動し、体重をしっかり落とすとコレステロール値は下がります。

卵

コレステロールはどんなもの?

コレステロールは脂質の一つですが、脂肪(油)ではありません。

コレステロールの構造式を初めて見た時は、嫌な気分になりました。文系の私にとって、こんな環構造(しかも4つもある!)が出てくると「理解できない」という気分になるのです。

コレステロール

それまで、油について書いていたので、脂肪(油)の構造は、グリセロール(グリセリン)に脂肪酸が3本付いたものだと知っていました。それとは構造が全く違う。

油は主にエネルギーを保存するのが役割ですが、コレステロールは細胞膜に組み込まれるほか、胆汁酸やホルモンの材料になります。

脂肪とコレステロールの違いについてに詳しく書きました。

脂肪とコレステロールの違いについて
脂肪とコレステロールは、似たようなものだろうと思っていましたが、構造式を見るとまったく違うものだと分かります。脂肪はからだが使うエネルギーをためておくのが一番の役割です。それに対してコレステロールは、細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモンの材料になります。

コレステロールはどこにあるのか?

普段、コレステロールの数値は低ければよいと思われていて、嫌われ者なのですが、コレステロールは細胞膜にあります。

細胞膜はリン脂質によってできているのですが、コレステロールは、流動性の高いリン脂質の間に入って、バラバラにならないように支える役割を果たしています。

コレステロールは細胞膜に存在するのですから、「どこにでもある」ことになります。詳しくは、細胞膜の単位はリン脂質だけど、コレステロールはその隣に存在するをご覧下さい。

細胞膜の単位はリン脂質だけど、コレステロールはその隣に存在する
コレステロールのことを調べていたら、ヒトのような真核細胞生物では、細胞膜にリン脂質と並んでコレステロールが存在していることが分かりました。普段、コレステロールは嫌われ者ですが、とても大切なものだと分かります。細胞膜を構成...

コレステロールを食べる

コレステロールはどんな食べ物に多いのだろう?まず、思い浮かべるのは、「肉」「脂身」です。肉は水分の他、タンパク質と、脂質が大部分で炭水化物はほとんどありません。

しかし、肉にコレステロールはどのくらい含まれているのかというと、100gあたり、数十~300mg程度しかありません。案外少ないのです。

では、どのようなものに多いか?

卵黄が一番多いです。詳しくは、コレステロールの多い食品をご参照ください。

コレステロールの多い食品
コレステロールは肉に多いと思いましたが、鶏ブタ牛とも確かに内臓には多いものの、筋肉にはそれほど多くありません。卵黄にはコレステロールがダントツに多く、魚でも卵全般に多く含まれています。コレステロールはどんな食品に多いのか。焼...

コレステロールをつくる

体の中にあるコレステロールは、食べた物から体に入って来たものと、体の中で合成したものがあります。食べ物から入ってきたコレステロールは、そのまま使われます。

小学生の理科から食べ物は胃腸で消化されると習っていたので、コレステロールも消化酵素で分解されるのかと思いました。ちなみに、脂肪は、脂肪酸とモノグリセリドに分解されます。しかし、コレステロールは分解されません。

たとえばデンプンは炭素数が1800~3600もつながっています。これが炭素数6のブドウ糖に分解されます。また、脂肪は、炭素数18の脂肪酸が3本つながっていると、炭素数57の大きさになります。

一方、コレステロールは、炭素数が27で、意外と小さいのです。

この話は、食べたコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞにあります。

食べた脂肪は分解されるがコレステロールはそのまま体の中に入ってくるぞ
食べ物に含まれる脂肪はモノグリセリドと2本の脂肪酸に分解されますが、コレステロールは分解されません。これらは胆汁酸によってミセルとなり小腸から体の中に入ってきます。コレステロールは炭素数27で意外とサイズが小さいのです。コレステ...

また、コレステロールがどのように作られるのかを調べてみるととても興味深いです。

アセチルCoAからできる

コレステロールの合成は、アセチルCoAからスタートします。下図の赤字部分、S-CoAは、補酵素Aであり、反応に関係しません。

アセチルCoA

アセチルCoAは、糖からも脂肪酸からもアミノ酸からも作られます。ミトコンドリアに入り、クエン酸になる物質です。このことを知ると、コレステロールは、不足することはないことがわかります。何を食べても、体脂肪を分解しても作られるからです。

コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートするには、アセチルCoAからコレステロールになるまでの反応式も書きました。

コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートする
アセチルCoAからコレステロールが合成される過程を詳しく説明します。アセチルCoAからつくられるということは、糖にも脂肪にも関係があり、普通に食事をしていれば、コレステロールが不足することなどあり得ません。炭素数5のイソプレノイド単...

また、数年前に、コレステロールは体内で合成される量が多く、食べ物からのコレステロールは微量であり、体内で調整されるので気にしなくてよいというニュースがあり、食事のコレステロールは気にしなくていい?という記事も書きました。

食事のコレステロールは気にしなくていい?
食べもののコレステロールは気にしなくてよいといわれるようになりましたが、私は身近な同僚が毎日牛丼を食べ続けて総コレステロールに「H」マークがついたので、とり過ぎないようにしようと思っています。コレステロールの目標量を撤廃コレ...

ただし、私の同僚で毎日牛丼を食べていた人が、高コレステロールになっていたことを付け加えておきます。

NOTE

油のことを調べ始めると、同じ脂質であるコレステロールが気になるようになりました。何しろコレステロールは健康の大敵として有名です。しかし、漠然と肉や脂身に入っているんだろう程度のことしかわかりません。

構造式を見ると、環が4個もあり、脂肪(油)ではないことはよくわかりましたが、一体どこにあるのだろうと思っていたら、細胞膜のリン脂質の間に入っていることがわかりました。

そして、アセチルCoAから作られることがわかり、たとえ食べ物から摂らなくても不足することはないだろうと思いました。

スポンサーリンク
コレステロール

コレステロールについて知っておきたいこと

コレステロールは脂肪ではありませんが、脂質です。細胞膜でリン脂質を支える役割をしています。肉にはそれほど含まれていません。卵黄に一番多いです。食べ物のコレステロールはそのまま体の中に入ってきます。 水に溶けないので、リポタンパク質にく...
コレステロール

脂肪とコレステロールの違いについて

脂肪とコレステロールは、似たようなものだろうと思っていましたが、構造式を見るとまったく違うものだと分かります。脂肪はからだが使うエネルギーをためておくのが一番の役割です。それに対してコレステロールは、細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモンの材料になります。
コレステロール

細胞膜の単位はリン脂質だけど、コレステロールはその隣に存在する

コレステロールのことを調べていたら、ヒトのような真核細胞生物では、細胞膜にリン脂質と並んでコレステロールが存在していることが分かりました。 普段、コレステロールは嫌われ者ですが、とても大切なものだと分かります。 細胞膜を構成...
コレステロール

コレステロールの多い食品

コレステロールは肉に多いと思いましたが、鶏ブタ牛とも確かに内臓には多いものの、筋肉にはそれほど多くありません。卵黄にはコレステロールがダントツに多く、魚でも卵全般に多く含まれています。 コレステロールはどんな食品に多いのか。焼...
コレステロール

コレステロールの生合成はアセチルCoAからスタートする

アセチルCoAからコレステロールが合成される過程を詳しく説明します。アセチルCoAからつくられるということは、糖にも脂肪にも関係があり、普通に食事をしていれば、コレステロールが不足することなどあり得ません。 炭素数5のイソプレノイド単...
コレステロール

食事のコレステロールは気にしなくていい?

食べもののコレステロールは気にしなくてよいといわれるようになりましたが、私は身近な同僚が毎日牛丼を食べ続けて総コレステロールに「H」マークがついたので、とり過ぎないようにしようと思っています。 コレステロールの目標量を撤廃 コレ...
コレステロール

「コレステロールは高い方が心臓病、脳卒中、がんになりにくい」を読んだ

肉と魚をしっかり食べる。「摂取コレステロール量を制限する必要はない」ので、卵は1日3個ぐらいまでなら食べてもだいじょうぶ。「摂取コレステロール量を制限する必要はない」ので、肉の摂取を控える必要はない、という内容の本を読みました。 ...
コレステロール

コレステロールは胆汁酸(塩)として排出されるがほとんど回収される

肝臓でつくられたコレステロールは胆汁酸となり、胆のうから放出され、糞便と混ざりますが、そのうち98~99%は回腸で回収されて肝臓に戻ります。そして、1%程度は大便から体外に出ていきます。このようにコレステロールは大切に回収され体から出ていか...
コレステロール

食べ物の酸化コレステロール

酸化コレステロールは、卵の加工製品や、フレンチフライドポテト、マヨネーズ、ビスケットなどに比較的多く含まれていて、動脈硬化などの原因になり、リノール酸がアラキドン酸に変化する反応を促進するので、プロスタグランジンなどエイコサノイドがつくられ...
コレステロール

コレステロールを下げるには不飽和脂肪酸の油を使い大豆を食べること

総コレステロールを下げるには、調理に使う油を、不飽和脂肪酸の油に替えること。そして大豆を食べるようにすることが手っ取り早くできる方法です。コーヒーを飲み過ぎるとコレステロールを上げる原因になるそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました