脂質は脂肪を含む少し広いことば

脂質=脂肪だと思っていましたが、脂質は細胞や組織にある「水に溶けない」ものであり、脂質の一つが脂肪です。脂質には、コレステロール、プロスタグランジンも含まれます。

バター

スポンサーリンク

脂質=脂肪だと思っていた

私は油の話を書き始めたばかりの頃、脂質=脂肪だと思っていました。三大栄養素は、タンパク質、炭水化物、「脂質」と呼ばれるからだろうと思ったのです。

実際、コトバンクの三大栄養素でもこのように書かれています。本によって、微妙に違いがあります。

栄養素のうち、動物の体をつくるもととなったりエネルギー源となったりする、タンパク質・糖質・脂質のこと。

(出典:精選版 日本国語大辞典)

動物の栄養素のうち、炭水化物・脂肪・タンパク質の三つをいう。生物体の構成物質およびエネルギー源となるもの。

(出典:大辞林 第三版)

ところが脂質は脂肪だけのことではないのですね。

脂質は脂肪(あぶら)を含む

有機化学(第2版) (ベーシック薬学教科書シリーズ 化学同人 2008)にはこのように書かれています。この本は文系の私でも読みやすい。

脂質は字が示すように「脂=あぶら」であり,水に溶けない,細胞や組織からベンゼンなどの無極性有機溶媒で抽出することによって得られる天然有機化合物を総称して脂質という.

脂質は物理的な性質(水に対する溶解度の低さ)のみを指標にして定義されるため,いろいろな化学構造をもつ分子が含まれ,大きく二つのグループに分けられる.

すなわち,「エステル結合やアミド結合をもち,加水分解が可能なもの」と,「加水分解されないもの」である.

脂質は細胞や組織にある「水に溶けない」ものと定義されています。

脂肪は間違いなく脂質ですが、「水に溶けない」ものは他にもあります。しかし、まず、脂肪(油)は脂質であること。脂質は、脂肪を含むことばだと理解しておきたいです。

脂肪は脂質である。脂質は脂肪を含むもっと大きなことば。

脂肪(油)については、油についてまず知っておきたいことを是非、読んでみてください。

脂肪以外の脂質にはどんなものがあるか

脂肪(油)以外の脂質で、食品の油に関係があって私が書く話で重要なのは、コレステロールとプロスタグランジンです。

脂肪以外の脂質として、この本には図が載せられていました。

ワックス(ろう)、リン脂質、糖脂質、ステロイド、テルペノイド、プロスタグランジンが書かれています。

リン脂質は細胞膜を構成する単位です。脂肪酸2本とリン酸エステル部位を持ちます。

糖脂質については、糖脂質とはという記事を書きました。

また、ステロイドはよく聞くことばですが、私が書く話で取り上げるのはコレステロールです。コレステロールはなかなか重要です。

コレステロールについて、コレステロールについて知っておきたいことというまとめた記事を書いてあります。

テルペノイドは、五炭素化合物であるイソプレンユニットを構成単位とする一群の天然物化合物の総称です。詳しくはウイキペディアのテルペノイドをご覧下さい。私が書く話の中には多分出てきません。

プロスタグランジンは、炭素数20の脂肪酸からできる生理活性物質です。プロスタグランジンはオメガ6のリノール酸の摂り過ぎ問題に関係があります。

リノール酸がプロスタグランジンになるのではなく、リノール酸から変換されたアラキドン酸がプロスタグランジンに変化します。アラキドン酸から炎症に関係があるエイコサノイドができるという記事にまとめてあります。

プロスタグランジンについて私もたくさん話を書いています。

NOTE

脂質と脂肪。同じものだと思っている方は私以外にも結構いらっしゃると思います。しかし、脂質の方が、より大きなことばでした。脂肪とコレステロールを思い浮かべて、2つまとめて脂質だと思っておけば間違いないです。

脂質の一つが脂肪(油)である。

スポンサーリンク