オメガ3について知っておきたいこと

オメガ3について知っておきたいこと オメガ3

オメガ3についてこれまで書いてきた記事についてまとめました。この順番に読んでいただければ、オメガ3とオメガ3の油について知っていただけるのではと思います。

オメガ3とは?

オメガ3は油(脂肪)を構成する脂肪酸の種類の一つです。オメガ6の脂肪酸とともに必須脂肪酸といわれ、必ず食べ物から摂らなければならない脂肪酸です。

「オメガ3」の意味は、脂肪酸のオメガ端から3番目に炭素同士の二重結合があるということです。脂肪酸の構造が分かれば簡単に理解できます。オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しようという記事で詳しく説明しました。

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しよう

最近、テレビで「オメガ3のオイル(油)」が体によいという特集をよく見るようになりました。オメガ3とはオメガ3脂肪酸のことです。油のことを知るためにオメガ3脂肪酸は必ず知らなければいけないことですが、説明できますか?

この記事で、覚えて...

オメガ3脂肪酸にはいくつか種類がありますが、α-リノレン酸EPADHAが特に重要です。

植物油に含まれているオメガ3脂肪酸はα-リノレン酸です。α-リノレン酸は体の中で変換され、EPA、DHAに変わっていきます。具体的には、炭素数が増えて、炭素同士の二重結合数が増えます。

α-リノレン酸は、炭素数が18で炭素同士の二重結合が3個ありますが、EPAは、炭素数が20で炭素同士の二重結合が5個あります。さらに、DHAは、炭素数が22で炭素同士の二重結合が6個あります。

この反応は、オメガ6のリノール酸と拮抗して進みます。それを知ると、リノール酸を摂り過ぎている今の時代、オメガ3のα-リノレン酸を摂ってバランスをとらなければならないと理解することができます。α-リノレン酸からEPA、DHAに変換するまで5つの反応があるという記事に書きました。

α-リノレン酸からEPA、DHAに変換するまで5つの反応がある

炭素数18のリノール酸とα-リノレン酸は5つの酵素反応によって、二重結合を3つ増やし、炭素数を4個増やします。このときの酵素は共通しているので、バランスを取ることが必要だといわれます。

少し前にリノール酸はアラキドン酸に変換さ...

ところで、なぜオメガ3の脂肪酸は体の中で合成されないのかわかりますか?動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?という記事に書きました。

オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?
動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。

そして、個人的に一番興味があるオメガ3が必須脂肪酸になった歴史α-リノレン酸が必須脂肪酸とされたのは1980年頃。かなり新しい。なぜなのか。

オメガ3が必須脂肪酸になった歴史

リノール酸は1930年に必須脂肪酸になりましたが、同じ頃発見されたα-リノレン酸が必須脂肪酸になったのは1980年頃です。

α-リノレン酸はEPAやDHAに変換されることはわかっていましたが、必要だと考えられたのはDHAが視覚興奮に対...

意外なところでは、α-リノレン酸は青葉のにおいに関係があります。植物がα-リノレン酸をつくるからだといわれればそれまでですが、何となく楽しい話です。α-リノレン酸から青葉のにおいができる

α-リノレン酸から青葉のにおいができる

α-リノレン酸の分解経路を見ていたら2回の反応で炭素数6のアルデヒドができることがわかりました。炭素数が短いとたいていにおいがあります。脂肪酸はくさいのですが、炭素数6のアルデヒドは、青葉のにおいがします。

炭素数6のシス-3-ヘ...

食用油の中のα-リノレン酸

植物油の中のオメガ3とは、α-リノレン酸のことです。α-リノレン酸がたくさん入っている油は、えごま油と亜麻仁油が昔から知られています。

今はたいていのスーパーにえごま油と亜麻仁油が並んでいます。しかし、他にもサラダ油、ヒマワリ油、ごま油、キャノラー油、サフラワー油などいろいろな油が並んでいます。

どのように違うのでしょう。

α-リノレン酸がどのくらい入っているのか比較するには、油を構成する脂肪酸の組成を比較するとよく分かります。

α-リノレン酸について含有率を食用油によって比較してみたでは、いろいろな油の脂肪酸組成をグラフに書き、α-リノレン酸の割合を比較しました。

また、α-リノレン酸の効果効能を調べて、α-リノレン酸の1日の必要量を調べました。

α-リノレン酸について含有率を食用油によって比較してみた

オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。

...

オメガ3の油は人気があり、油の種類も増えました。以前は、えごま油、亜麻仁油だけでしたが、サチャインチオイル(インカインチオイル)、チアシードオイル、に加え、新しくカメリナ油も出てきました。

オメガ3の油は5種類あるという記事ではこれらを紹介しました。もちろん、脂肪酸組成をグラフにしてあります。

オメガ3の油は5種類ある
オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。おすすめできるものは、えごま油、亜麻仁油、チアシードオイルのほか、加熱に強いサチャインチオイル(インカインチオイル)、保存性に優れたカメリナ油の5種類あります。...

この中で、カメリナ油は初めて知りました。北海道でも栽培されているようですが、どんな作物なんだろうと思って調べました。カメリナオイルは加熱できるオメガ3系の油という記事にまとめてあります。

カメリナオイルは加熱できるオメガ3系の油

オメガ3系のえごま油と亜麻仁油はどこでも買える油になってきました。最近では、マヨネーズも出て来ました。しかし、冷蔵庫に入れておいても味が変わりやすい油です。魚くさくなっていきます。

次は保存性が高くなるように他のものと混ぜるか、別な植...

また、たまに話題として出て来ますが、亜麻仁油の亜麻の種子にはシアン化合物が入っていることが知られています。体には毒です。しかし、厳密に検査されているので心配はないですよ。このことは亜麻の種子には毒がある?という記事で書きました。

亜麻の種子には毒がある?

生の亜麻の実にはシアン化合物としてリナマリンが含まれていますが、搾油前の加熱でほとんど壊れてしまいます。そして亜麻仁油の中には含まれません。輸入品の亜麻の実はシアン化合物の濃度が10ppmを超えないように管理されています。

亜...

食品の中のオメガ3

オメガ3脂肪酸には、α-リノレン酸、EPA、DHAがあります。このうち、植物に含まれているのは、α-リノレン酸だけです。EPAとDHAは青魚の脂肪に含まれています。

それぞれ、どんな作物、どんな魚にどのくらい入っているのか調べてみました。食べ物でどのくらいオメガ3脂肪酸を摂れるのでしょうか?

植物

α-リノレン酸が多い食品ランキングでは、いろいろな種類の食品について含有量を調べました。穀類、いも及びでん粉類、豆類、種実類、野菜類、果実類、きのこ類、藻類、し好飲料類、調味料及び香辛料類で調べました。すべて植物です。

えごまと大豆に多いことは分かっていましたが、それ以外に多いものはないかなと興味津々だったのです。しかし、結果は、えごまの種がダントツに多かったです。

α-リノレン酸が多い食品ランキング

ω3(オメガ3)のα-リノレン酸は、えごま油と亜麻仁油にたくさん含まれています。それはよくわかっているのですが、その他の、普段食べる食品にはどの程度含まれているのでしょう?調べてみました。

ほとんど加工していないものに限定して調べ...

青魚にEPAやDHAが多いことはよく知られていますが、脊椎動物である青魚にとってもオメガ3は必須脂肪酸です。魚の脂肪にあるEPAやDHAは藻や微生物由来ですとでは、魚の脂肪と畜肉の脂肪の脂肪酸組成も比較してみました。

 

魚の脂肪にあるEPAやDHAは藻や微生物由来ですと

魚由来のサプリメントでDHAとかEPAというのが20年くらい前からあります。DHAは頭がよくなるとかぼけない成分といわれ、EPAは血液をサラサラにする成分という広告を見かけます。

DHAは炭素の数が22個、EPAは、炭素の数が20個か...

この記事を書いた時に、EPAやDHAはラビリンチュラ類のような海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で魚の体内に濃縮されたということが分かりました。魚はEPAやDHAをつくるわけではないのです。

そこで、次にラビリンチュラ類のDHAとEPAが青魚の脂肪に移るという記事で、さらに詳しく藻について調べました。ラビリンチュラ類は光合成でEPAやDHAをつくっているのかと思いましたが、これらは葉緑体をもっていません。

従属栄養生物として、えさとなるものから栄養を吸収してEPAやDHAをつくっていました。

ラビリンチュラ類のDHAとEPAが青魚の脂肪に移る

青魚に豊富に含まれるEPAとDHAは、青魚は自分で合成できません。全てラビリンチュラ類などの微細な藻が生産したものを食べて自分の脂肪に蓄えています。ラビリンチュラ類は、亜熱帯から熱帯にわたるマングローブ域に豊富に生息しています。

...

また、魚の脂肪に含まれているEPAとDHAの量について調べました。二つの記事にしました。

EPAが多い食品は?ではEPAについて、DHAが多い食品は?ではDHAについてそれぞれ調べています。

EPAが多い食品は?

EPAが多い食品はほとんど魚だと思って間違いありません。不足を心配するよりも魚を食べていると十分だと思っていただきたくて、ベスト100位まで調べました。

最初に知っておこう1日の摂取量
日本人の食事摂取基準(2015年版)では、...

DHAが多い食品は?
魚の脂肪にはDHAの方がEPAより多く含まれています。成人男女には1日2g程度のオメガ3脂肪酸が必要とされていますが、いわし、さんま、さばなどの青魚を100g食べると、さんまとさばならDHAだけで2gを超えてしまいます。DHAが多い食品ベス...

魚を100gくらい食べることは普通のことですから、魚を食べると十二分にEPAとDHAを摂ることができます。

オメガ3の油と酸化

オメガ3の油の酸化対策です。

私が初めて使ったオメガ3の油は亜麻仁油でした。その後、えごま油をためしに買って来て使ってみたら味にクセが全くないので、それから、えごま油専門になりました。

しかし、どちらも冷蔵庫に入れっぱなしにして使い忘れていると、魚くさくなります。酸化しやすいのです。

そこで、酸化されやすいオメガ3の油を保存する方法について調べました。

亜麻仁油の酸化を抑える保存方法では、4℃以下(冷蔵庫の庫内温度)で保存。マヨネーズを作る。そして、ごま油を少し混ぜる方法を紹介しました。ごま油の抗酸化性作用は抜群に強いようです。

亜麻仁油の酸化を抑える保存方法

亜麻仁油の保存性を高めるには、まず、冷蔵庫で保存することです。さらに、少しごま油を足すのが効果的なようです。重量比10%足すとよいようです。焙煎ごま油の方が抗酸化力は強いですが、くせのない太白ごま油を足せば風味に影響はないと思います。

...

また、オメガ3の油は加熱しても酸化が進みます。オメガ3の油の加熱についてという記事では、ビタミンEとビタミンCを添加したものなら、加熱料理に使っても大丈夫であることを書きました。もちろん、程度問題ですけれども。

オメガ3の油の加熱について

加熱料理に強いといわれるインカインチオイルとカメリナオイルですが、植物油に入っているオメガ3の脂肪酸は、α-リノレン酸であることに変わりはありません。これらはビタミンEとポリフェノールのおかげで酸化しにくくなっています。

そして、市販...

 

天ぷらを揚げ続けると「油酔い」を起こして気持ちが悪くなる人がいます。これはα-リノレン酸が分解されて炭素数3のアクロレインができるからです。揚げ油でできるアクロレインはα-リノレン酸由来だってという記事に書きました。

揚げ油でできるアクロレインはα-リノレン酸由来だって

α-リノレン酸が含まれる油を加熱すると、150℃程度の温度から、二重結合を1個持った炭素数3のアルデヒド、アクロレインができるようになり空気中に放出されます。体には有害で、天ぷらを揚げ続けると気持ち悪くなる「油酔い」の原因物質です。

...

酸化しやすいオメガ3の油は、体の中でも酸化しやすいのではないか

酸化しやすいオメガ3の油は、体の中でも酸化しやすいのではないか、少し考えると出てくる疑問です。からだの中での不飽和脂肪酸の酸化で調べてみました。α-リノレン酸は体内では活性酸素を抑える性質があるのだとか。

からだの中での不飽和脂肪酸の酸化

脂肪酸の自動酸化や過酸化のことを知ると、不飽和脂肪酸もとり過ぎはきっとよくないだろうなと思うようになりました。よほど変わった仕組みでもなければ、空気中で起こることは体の中でも起こるからです。

今は、たいていの人がリノール酸をとり過ぎて...

さらにオメガ3脂肪酸は酸化ストレスを軽減するでは、オメガ3脂肪酸は生体内では酸化的ストレスを食い止めるはたらきがあることを示しているらしいことが分かりました。う~ん、不思議だ。

オメガ3脂肪酸は酸化ストレスを軽減する
オメガ3の油(魚油)は、大気下では、とても酸化されやすい性質があります。しかし、体の中では、酸素の量が減るので酸化しにくくなり、さらに、体の中で強い酸化ストレスがかかると、オメガ3の油は、自身は過酸化されるものの、細胞の酸化を防ぐ働きがある...

オメガ3の効果

最初に書いておきたいのですが、オメガ3脂肪酸が入った油でやせるなんて誰が言いはじめたのでしょう?油は1gあたり9kcalあり、炭水化物の2倍のカロリーを持っています。

私の友人は、玄米おにぎりに亜麻仁油をつけて食べるのが気に入ってしまい、短期間で5キロ太りました。油は太ります。常識的に考えましょう。

オメガ3脂肪酸、この場合、魚油なのでEPAやDHAですが、うつに効果があるという疫学調査がありました。疫学調査は、たくさんの人数を追跡調査して調べています。

ただし、普段から魚をよく食べている日本人には関係ないようです。オメガ3の脂肪酸はうつに効果があるという記事を書きました。

オメガ3の脂肪酸はうつに効果がある?

魚油には抑うつ気分やうつ病を防ぐ働きがあると考えられていますが、男性には効果的ではないようです。また、うつの人にEPAを投与する場合、1日1グラムが適量で、多いと効果がでないことが書かれていました。

油について本をいろいろ読む...

 

肉より魚、魚を食べている方が体によいと昔からいわれています。魚を食べていると生活習慣病が予防できるという記事を書きました。EPAやDHAにはいろいろ効果があります。

魚を食べていると生活習慣病が予防できる
EPAとDHAはオメガ3の脂肪酸です。EPAにはいわゆる血液サラサラ効果があり、抗凝固薬、血小板凝集抑制薬として使われています。冠動脈疾患、脳卒中、糖尿病、いくつかのがんに効果があります。魚に豊富に含まれています。それぞれ含有量を調べました。

また、これはオメガ3の単独の効果ではないのですが、えごま油とオリーブ油を混ぜると、えごま油だけよりも総コレステロール値やTG(中性脂肪)値が低くなる効果があり、また、血栓をつくりにくい効果がある論文も見つかりました。オリーブオイルとえごま油(しそ油)を組み合わせると効果がありそうだ

オリーブオイルとえごま油(しそ油)を組み合わせると効果がありそうだ

オリーブオイルとえごま油を1:1の割合で混ぜて使用すると、えごま油だけよりもオリーブ油を混ぜた油を使った方が、T−ch(総コレステロール)値やTG(中性脂肪)値が低くなる効果が期待できるかもしれないという論文がありました。

私...

さらに、オメガ3脂肪酸は、脂肪酸の中で優先的にエネルギー源になるようです。ただし、優先順位は、いつでもブドウ糖の方が先です。燃えやすい脂肪酸であることは確かなようです。

だからといってオメガ3の油を飲むとダイエットに役に立つわけではないので、くれぐれも勘違いしないようにしてくださいね。EPA・DHA、α-リノレン酸は優先的にエネルギーに変わるという記事に書きました。

EPA・DHA、α-リノレン酸は優先的にエネルギーに変わる

時々、オメガ3の油をとっているとダイエットに役に立つという記事を見かけることがあります。いつも書いていますが、油はとてもカロリーが高く、1gで9kcalもあります。ダイエットのために油をとるという考え方は少々問題があると思います。

し...

この記事に関連して、もう少し深く調べてみました。

使う油を完全にオメガ3の油(魚油)にすると、運動したときに脂肪が分解されて燃えやすくなるようです。運動してダイエットしたい人は、使う油をオメガ3の油にすると、効果が上がるかもしれません。脂肪を燃焼させるならオメガ3をとってオメガ6を制限して運動することに書きました。

脂肪を燃焼させるならオメガ3をとってオメガ6を制限して運動すること

毎日オメガ3の油を飲んでいるとダイエットできるなんて都合のよいことはありませんが、オメガ3の脂肪酸は燃えやすいらしいです。以前、EPA・DHA、α-リノレン酸は優先的にエネルギーに変わるという記事を書きました。

しかし、実際のところは...

オメガ3の油は「やせません」が、太りにくくなるのは事実のようです。植物油でなく、魚油の方が効果的です。えごま油と魚油を比べると魚油の方が太りにくいに書きました。

えごま油と魚油を比べると魚油の方が太りにくい
えごま油と魚油は同じオメガ3の油です。魚油には体重・体脂肪を増やしにくい性質があります。4種類のタイプの油を使った実験飼料をラットに摂取させ肝臓にたまる脂肪滴を調べる実験で、魚油は脂肪滴の数が少なく大きさも小さい、脂肪をためにくく体重が増え...

魚油は体脂肪も増加させないそうです。残念ながら調理用の油はありません。魚を食べましょう。魚油は体重・体脂肪を増加させないに書きました。

魚油は体重・体脂肪を増加させない
魚油は、脂肪細胞から分泌され体脂肪を減らす働きをもつレプチンの働きを阻害せず、また、脂肪を分解し脂肪酸をアセチルCoAにする細胞小器官ペルオキシソームを増やす、PPARαを肝臓で活性化することで、体重・体脂肪を増加させないことがわかりました...

オメガ3を食べる

私が知り合った完全ベジタリアンの一人は、炭水化物(ごはん、パン)を一切食べずに、オメガ3の亜麻仁油をエネルギー源にしていました。豆は食べていたかどうか分かりませんが、肉は食べない人なので多分食べていたのではないかな。

当時、70歳をとっくに過ぎていましたが、歯も髪も肌もとてもきれいでした。

私は、ドレッシングで油を使うのは好きですが、何でもかんでも油をかけて食べたいとは思いません。

魚は好きです。刺身は毎日でもよいくらいですが、昔に比べたら漁獲量が減って、とても高くなりました。それなら、ボディービルダーがよくやっていた(?)ツナ缶を食べるのはどうかなと思って調べました。もちろん、ノンオイルのものです。

しかし、調べていくと、ツナ缶はEPAやDHAが少ないことがわかりました。おいしいけど。ツナ缶のDHAは少ないよという記事に書きました。

さらに、DHAが多いサバの味噌煮のよい方法を調べて、DHAを減らさないようにサバの味噌煮をつくるを書きました。

DHAを減らさないようにサバの味噌煮をつくる

サバは秋が旬で「秋サバ」といわれます。脂が乗っていてうまいです。また、サバの脂肪分にはDHAがとても多いです。サバは煮物にしてもおいしいですが、加熱するとDHAがだんだん減って行きます。どんな方法で調理したらよいのか調べてみました。

...

EPAやDHAをサプリメントに頼らず簡単に食べるなら、昔からある魚肉ソーセージ。魚を食べる以外にDHAをとる方法は?に書きました。

魚を食べる以外にDHAをとる方法は?

魚嫌いの小さいお子さんのため、魚以外にDHAの多い食品を探しましたが、卵や肉に満遍なく入っているものの、成分量としては大したことがありません。特定保健用食品や機能性表示食品の魚肉ソーセージがありました。

魚嫌いの人がいる
DHA...

魚のEPAやDHAは、自分で合成するのではなくエサ由来であることを知って、クリルオイルの原料であるオキアミの成分について調べました。オキアミを食べたらEPAとDHAはとれるだろうか?

オキアミを食べたらEPAとDHAはとれるだろうか?
クリル(krill)オイルの原料、オキアミにはEPAとDHAがたくさん含まれているのかと思って調べましたが、オキアミ100gあたりEPAは300mg程度、DHAは200mg程度しかなく、あまり魅力的ではありません。

もう一つ。私も含めた油のとり過ぎを気にする人のために。えごま油ではなく、乾燥させたえごまの種を炒ったものをすりゴマとして使うのです。搾った油ではなくカサがありますから、それほど大量に使えません。よい方法だと思います。エゴマの実の食べ方はすりゴマにするとおいしいらしいという記事に書きました。

エゴマの実の食べ方はすりゴマにするとおいしいらしい

油の摂り過ぎが気になる人は、えごまの乾燥させた実を買ってきて、炒ってから擦る、「すりごま」を使う方法があります。

すりごまは固形物なので、液体に比べると、食べる時に絶対量が少なくて済みます。

乾燥させたえごまの実は種です。生き物...

ところで、えごまは何となく珍しい作物なのかと思っていたのですが、どこにでもあるものだったようです。地名に「荏」が入っていると関係があった。えごま油の「荏」に見覚えはないですか?に書きました。

えごま油の「荏」に見覚えはないですか?

えごまはゴマではなくシソ科の植物です。縄文時代から使われていて、自生地や栽培している土地には、地名に「荏」が入っているそうです。都内でも何ヶ所もあります。

えごまは、ゴマではない
亜麻仁油は、なんとなく油絵の具と関係があったよう...

植物油に含まれるα-リノレン酸はともかく、EPAやDHAは、ほぼ魚由来です。しかし、年々、漁獲高が減っていっているのですよね。先のことを考えると、オキアミよりも食物連鎖の前にいる「藻」を食べるようにしたらどうなんだろうと考えました。スピルリナには前から興味を持っているのですが、もともとの脂肪酸組成が違っている。しかし、脂肪酸組成は変えられます。スピルリナの脂肪酸組成は変えられる

スピルリナの脂肪酸組成は変えられる
スピルリナ粉末に含まれる脂質は2~9%で、脂肪酸組成は飽和脂肪酸のパルミチン酸が多く、次いで、γ-リノレン酸、リノール酸とあまり魅力的ではありません。しかし、たとえば培養液に0.1%DHAを加えると、含まれる脂質が26%に増え、脂肪酸組成の...

オメガ3の摂りすぎ

何ごとも、過ぎたるは及ばざるごとしといいます。体によくて人気のオメガ3ですが、摂りすぎによる害はないのでしょうか?

オメガ3脂肪酸はとり過ぎても害にならないのかに書きましたが、出血時間が延びることと、高中性脂肪血症の患者さん、高血圧症の患者さん、糖尿病の患者さんに魚油やEPAやDHAを含むカプセルを投与すると、LDLコレステロールが上がったそうです。

オメガ3脂肪酸はとり過ぎても害にならないのか
EPAやDHAを1日10g以上摂取すると出血時間が延びます。また、中性脂肪が高い、高血圧、糖尿病をお持ちの方は、魚油やEPAやDHAを含むカプセルを飲んでいると、LDL-コレステロールが上がる可能性があります。もっとも酸化されやすいDHAは...

NOTE

オメガ3の油が体によいと聞くと、サプリメントのようにたくさん摂ろうとする気持ちになりやすいです。魚を食べることならともかく、オメガ3の食用油を利用するようになった歴史はそれほど古くありません。

オメガ6、リノール酸を摂りすぎている関係でオメガ3の油を使うようにすすめられています。

しかし、健康を気にする年齢になったら、油をとりすぎないことを基本とした方がよいです。オメガ3は必須脂肪酸ですが、少し摂っていればよいのです。

スポンサーリンク
オメガ3

オメガ3について知っておきたいこと

オメガ3についてこれまで書いてきた記事についてまとめました。この順番に読んでいただければ、オメガ3とオメガ3の油について知っていただけるのではと思います。 オメガ3とは? オメガ3は油(脂肪)を構成する脂肪酸の種類の一つです。オ...
オメガ3

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しよう

最近、テレビで「オメガ3のオイル(油)」が体によいという特集をよく見るようになりました。オメガ3とはオメガ3脂肪酸のことです。油のことを知るためにオメガ3脂肪酸は必ず知らなければいけないことですが、説明できますか? この記事で、覚えて...
α-リノレン酸

α-リノレン酸からEPA、DHAに変換するまで5つの反応がある

炭素数18のリノール酸とα-リノレン酸は5つの酵素反応によって、二重結合を3つ増やし、炭素数を4個増やします。このときの酵素は共通しているので、バランスを取ることが必要だといわれます。 少し前にリノール酸はアラキドン酸に変換さ...
オメガ3

α-リノレン酸について含有率を食用油によって比較してみた

オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。 ...
オメガ3

オメガ3脂肪酸の1日の摂取量は?

オメガ3の脂肪酸は、成人男女とも1日2g程度摂れば目安量を満たします。えごま油なら4g、体積なら約4.4mlです。まぐろの刺身なら100g食べるとお釣りが来ます。オメガ3の脂肪酸には特有の働きがあり、欠乏すると皮膚炎や成長障害が起こります。...
オメガ3

オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?

動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。
DHA

オメガ3が必須脂肪酸になった歴史

リノール酸は1930年に必須脂肪酸になりましたが、同じ頃発見されたα-リノレン酸が必須脂肪酸になったのは1980年頃です。 α-リノレン酸はEPAやDHAに変換されることはわかっていましたが、必要だと考えられたのはDHAが視覚興奮に対...
オメガ3

α-リノレン酸から青葉のにおいができる

α-リノレン酸の分解経路を見ていたら2回の反応で炭素数6のアルデヒドができることがわかりました。炭素数が短いとたいていにおいがあります。短い脂肪酸はクサイのですが、炭素数6のアルデヒドは、青葉のにおいがします。また、日本酒の吟醸香も短い脂肪...
α-リノレン酸

オメガ3の油は5種類ある

オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。おすすめできるものは、えごま油、亜麻仁油、チアシードオイルのほか、加熱に強いサチャインチオイル(インカインチオイル)、保存性に優れたカメリナ油の5種類あります。...
オメガ3

太田油脂 マルタえごまオイル

日本で初めてえごま油を量産化した太田油脂のマルタえごまオイルです。 えごまオイル180g 価格:1,080円(税抜き1,000円) 食用えごま油(えごま種子産地:中国 最終加工地:日本) 酸化防止剤(ビタミンC、ビタミ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました