オメガ3の記事一覧

オメガ3の記事一覧 オメガ3

オメガ3の脂肪酸は、脂肪酸のカルボキシ基(COOH)と反対側のオメガ端から3番目の炭素に二重結合がある脂肪酸です。

α-リノレン酸、EPA、DHAについて記事を書いています。

スポンサーリンク
オメガ3

オメガ3について知っておきたいこと

オメガ3についてこれまで書いてきた記事についてまとめました。この順番に読んでいただければ、オメガ3とオメガ3の油について知っていただけるのではと思います。 オメガ3とは? オメガ3は油(脂肪)を構成する脂肪酸の種類の一つです。オ...
オメガ3

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しよう

最近、テレビで「オメガ3のオイル(油)」が体によいという特集をよく見るようになりました。オメガ3とはオメガ3脂肪酸のことです。油のことを知るためにオメガ3脂肪酸は必ず知らなければいけないことですが、説明できますか? この記事で、覚えて...
α-リノレン酸

α-リノレン酸からEPA、DHAに変換するまで5つの反応がある

炭素数18のリノール酸とα-リノレン酸は5つの酵素反応によって、二重結合を3つ増やし、炭素数を4個増やします。このときの酵素は共通しているので、バランスを取ることが必要だといわれます。 少し前にリノール酸はアラキドン酸に変換さ...
オメガ3

α-リノレン酸について含有率を食用油によって比較してみた

オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。 ...
オメガ3

オメガ3脂肪酸の1日の摂取量は?

オメガ3の脂肪酸は、成人男女とも1日2g程度摂れば目安量を満たします。えごま油なら4g、体積なら約4.4mlです。まぐろの刺身なら100g食べるとお釣りが来ます。オメガ3の脂肪酸には特有の働きがあり、欠乏すると皮膚炎や成長障害が起こります。...
オメガ3

オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?

動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。
オメガ3

オメガ3が必須脂肪酸になった歴史

リノール酸は1930年に必須脂肪酸になりましたが、同じ頃発見されたα-リノレン酸が必須脂肪酸になったのは1980年頃です。 α-リノレン酸はEPAやDHAに変換されることはわかっていましたが、必要だと考えられたのはDHAが視覚興奮に対...
におい

α-リノレン酸から青葉のにおいができる

α-リノレン酸の分解経路を見ていたら2回の反応で炭素数6のアルデヒドができることがわかりました。炭素数が短いとたいていにおいがあります。短い脂肪酸はクサイのですが、炭素数6のアルデヒドは、青葉のにおいがします。また、日本酒の吟醸香も短い脂肪...
α-リノレン酸

オメガ3の油は5種類ある

オメガ3の油とは、α-リノレン酸がリノール酸より多い料理に使う植物油のことです。おすすめできるものは、えごま油、亜麻仁油、チアシードオイルのほか、加熱に強いサチャインチオイル(インカインチオイル)、保存性に優れたカメリナ油の5種類あります。...
α-リノレン酸

太田油脂 マルタえごまオイル

日本で初めてえごま油を量産化した太田油脂のマルタえごまオイルです。 えごまオイル180g 価格:1,080円(税抜き1,000円) 食用えごま油(えごま種子産地:中国 最終加工地:日本) 酸化防止剤(ビタミンC、ビタミ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました