ω3(オメガ3)の脂肪酸とω6(オメガ6)の脂肪酸はなぜ重要なのか

シェアする

脂肪酸は炭素(C)酸素(O)水素(H)からできたとても単純な構造をもつものです。その中でも特にω3(オメガ3)とω6(オメガ6)の脂肪酸は、必須脂肪酸と呼ばれ、食べものから必ずとらなければならない脂肪酸とされています。

それ以外の、飽和脂肪酸と一価の不飽和脂肪酸(オレイン酸)は体の中でつくることができます。ω3(オメガ3)とω6(オメガ6)の脂肪酸はどんな使われ方をするのでしょうか?

エイコサノイド

オメガ3とオメガ6の脂肪酸は、エイコサノイドの原料になります。エイコサノイドとは、ホルモンに似た働きをする生理活性物質のことをいいます。

「プロスタグランジン」「ロイコトリエン」「トロンボキサン」などの種類に分けられます。この記事の中では、「プロスタグランジン」について書きます。

プロスタグランジン

プロスタグランジンは、血管の拡張、収縮、血小板の凝集、阻害、血液の凝固、溶解、炎症、アレルギー反応の抑制、促進など、体の調整に関係しています。下表のように3つのグループがあります。

プロスタグランジン 血液 血管 炎症
PGE1/PGE3 溶解 拡張 抑制
PGE2 凝固 収縮 促進

1番目のグループは、ω6(オメガ6)リノール酸由来のジホモ・γ(ガンマ)・リノレン酸(C:20:3)を原料にしてつくられるプロスタグランジンです。ジホモ・γ(ガンマ)・リノレン酸は、炭素数20で二重結合が3個あります。

ジホモ・γ(ガンマ)・リノレン酸からつくられるプロスタグランジンは、たとえば、「プロスタグランジン(PG)E1」などと最後に「1」と数字がつけられます。

2番目のグループは、このジホモ・γ(ガンマ)・リノレン酸が二重結合を1個増やしてできたアラキドン酸(C:20:4)を原料にするプロスタグランジンで、名前には2がつきます。アラキドン酸は炭素数20で二重結合が4個あります。

3番目のグループは、ω3(オメガ3)の脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)(C:20:5)からつくられるプロスタグランジンです。名前には3がつきます。炭素数20で二重結合が5個あります。EPAは魚の脂肪にたくさん含まれています。もちろん、EPAはαリノレン酸からも変換されます。また、DHAからもつくられます。

文章だけを読んでも分かりづらいと思います。こういうときは図が役に立ちます。

EFA_to_Eicosanoids_ja

EPAとアラキドン酸からできるプロスタグランジンは拮抗する

プロスタグランジンは、図を見るとお分かりなると思いますが、ジホモ・γ(ガンマ)・リノレン酸、アラキドン酸、EPA(エイコサペンタエン酸)からつくられます。

図をもう一度見てください。左の列は、ω-3(オメガ3)の脂肪酸で、一番上はα-リノレン酸です。また、右の列はω-6(オメガ6)の脂肪酸で、一番上はリノール酸です。なぜ2列並べて書いてあるのかというと、これらは同じ酵素の反応で、二重結合を増やしたり、炭素数を2個ずつ増やしていくからです。

このあたりのことは、構造式も含めてアラキドン酸はリノール酸をとっていれば不足しないオメガ3脂肪酸α-リノレン酸からEPA、DHAに変換する5つの反応は、リノール酸と一緒に進むで詳しく書きました。

これら脂肪酸は、細胞膜のリン脂質にあります。リン脂質には脂肪酸が2本ついています。たとえば手でもちょっと切ってしまって傷ができると、細胞膜のリン脂質から脂肪酸が出てプロスタグランジンがつくられます。

PGE2は炎症を促進し、PGE1とPGE3は炎症を抑制します。傷ができれば炎症が起きるのは当たり前です。血液が集まって早く傷を治そうという働きです。それをPGE2がアクセルとなり、PGE1とPGE3がブレーキになって調整しています。

リノール酸のとり過ぎに気をつけよう

この働きは、脂肪酸の種類、ω6(オメガ6)とω3(オメガ3)によってバランスが取られているというのが重要なところです。もし、ω6(オメガ6)の油ばかりとりすぎていると、PGE2が増え、炎症が必要以上に促進されて血液が凝固しやすくなります。

手をちょっと切ったくらいだったら大した問題になりませんが、もし、血管の中が傷ついたりしたら、血栓ができやすくなるということになります。動脈硬化や心筋梗塞の原因になります。

炎症に関係するプロスタグランジンは、また、アレルギーや免疫にも関係しています。私は50半ばですが、私が子供だった昭和40年代の頃を思い出すと、アレルギーを持っている友達は、クラスに1人か2人いたかどうか・・・。症状もタマゴを食べるとじんましんが出るとかそんな程度でした。アトピー性皮膚炎になった人は、高校でも会ったことがなく、大学に入って初めて知りました。

そんな私ですが、40代の後半になってある日突然花粉症になりました。それからは春になると毎年悩まされています。また、電車に乗ったり街を歩くと、アトピーになっている方を見かけます。昔に比べるとアレルギーに悩まされている人が確実に増えているのは実感できます。

ω6(オメガ6)脂肪酸をとりすぎていると、炎症のアクセルばかり踏み続けることになってしまうのではないかといわれています。ω3(オメガ3)の脂肪酸を含む油で書きましたが、私たちがスーパーに行って買ってくる油は、オリーブオイル以外は、たいていが穀物油でそれはリノール酸がとてもたくさん入っているのです。また、リノール酸は体によいとずっといわれていましたから、そういうものだと思ってきました。

ω6(オメガ6)の脂肪酸が入った油をずっととっているので、アレルギーの人が増えて、また炎症がなおりにくくなるので、リウマチなどの自己免疫疾患が起こりやすくなっているのかもしれません。油はいろいろなものに使われています。揚げ物ばかりではありません。お菓子にもパンにも使われています。

実際に、意識してω6(オメガ6)の脂肪酸がたくさん入った油をやめてω3(オメガ3)の脂肪酸がたくさん入った油を使うようにするとアレルギーの症状がおさまってくるという話を聞くことが増えてきました。

プロスタグランジンは薬でも抑えている

ω6(オメガ6)脂肪酸であるアラキドン酸からPGE2ができるのを抑えるというのは、食べものだけの話ではありません。炎症を抑えるための薬でもこのアラキドン酸からPGE2ができるのを制御しています。たとえば、アスピリン。それと鎮痛のための湿布によくでてくるインドメタシンもそうです。

アスピリンは、昔から使用されている解熱鎮痛剤です。このアスピリンを少ない量で使用することによって血小板凝集抑制作用を得ることができます。ここでは詳しく書きませんが、アスピリンジレンマという現象があり、少ない量のアスピリンを使用することがよいのだそうです。

薬はあまりありがたくないけれど、薬がなぜ効くかという道筋を知るのは役に立ちそうですね。もちろん、薬よりも体の反応の方がずっと複雑なのです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク