オメガ3についてこれから読んでいただくこと

オメガ3についてこれから読んでいただく記事について概略を書きました。目次のタイトルだけでは記事のつながりがわからないかもしれないと思い、最初にこのページをつくりました。

まずこれを読んでいただければ、オメガ3について「ふむふむ」とわかっていただけるのではないかと思います。

亜麻仁

オメガ3は脂肪酸のことである

オメガ3は油(脂肪)を構成する脂肪酸の種類の一つです。オメガ6の脂肪酸とともに必須脂肪酸といわれ、必ず食べ物から摂らなければならない脂肪酸です。

どんな構造なのか

「オメガ3」の意味は、脂肪酸のオメガ端から3番目に炭素同士の二重結合があるということです。脂肪酸の構造が分かれば簡単に理解できます。

オメガ3脂肪酸とはどのようなものか?構造から理解しよう
オメガ3は脂肪酸の種類を指しています。脂肪酸のオメガ端から3番目の炭素に二重結合をもちます。α-リノレン酸、EPA、DHAがあります。必須脂肪酸であること。融点が低く、酸化されやすい特徴があります。最近、テレビで「オメガ3の...

オメガ3脂肪酸にはいくつか種類がありますが、α-リノレン酸EPADHAを覚えておきましょう。

α-リノレン酸は体の中でEPA、DHAに変換される

植物油に含まれているオメガ3脂肪酸はα-リノレン酸です。α-リノレン酸は体の中で変換され、EPA、DHAに変わっていきます。具体的には、炭素数が増えて、炭素の二重結合が増えます。

α-リノレン酸は、オメガ6のリノール酸と同じ酵素によって変換されます。この記事を読んでいただくと、リノール酸とバランスを取るためにα-リノレン酸を摂る必要があるといわれることが理解できるようになります。

α-リノレン酸がEPA、DHAに変換されるまで5つの反応がある
炭素数18のα-リノレン酸は5つの酵素反応によって、二重結合を3つ増やし、炭素数を4個増やします。この反応で、EPAとDHAができます。α-リノレン酸とリノール酸からスタートした反応は、同じ酵素が関与するα-リノレン酸とリノ...

ところがその変換率は低い

α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される比率は15%程度だと思っていたのですが、実際に自分で調べていくと、よい条件下でもEPAに転換されるのが6%、DHAはせいぜい4%程度であることがわかりました。

αリノレン酸がEPAとDHAに変化する割合はとても低い
亜麻仁油やえごま油はEPAとDHAに変換されるから、いろんなものにかけて摂った方がよいとすすめられますが、EPAやDHAに変換される比率は高くありません。EPAやDHAを摂るなら魚を食べるのが一番よい方法です。えごま油や亜麻...

もし、EPAやDHAが自分に必要だと思ったら、魚を食べるのが一番よい方法です。

オメガ3の油、種類は少ない

オメガ3の調理用油は、α-リノレン酸がたくさん含まれている油です。

よく知られているのは、えごま油と亜麻仁油です。それ以外にスーパーの棚に普通に並んでいる油にはどのくらいα-リノレン酸が含まれているのか調べました。オメガ3の油の種類は少ないことがわかりました。

α-リノレン酸について含有率を食用油によって比較してみた
オメガ3の油が体によいといわれています。食用油のオメガ3脂肪酸とはα-リノレン酸のことで、えごま油と亜麻仁油がよく知られています。お店で普通に買える油の中にα-リノレン酸が豊富な油はありません。えごま油と亜麻仁油がダントツに多いです。...

オメガ3の脂肪酸は1日どのくらい必要なのか?

必須脂肪酸は食べ物から必ずとらなければいけないものです。1日どのくらい必要なのか調べました。欠乏症を防ぐにはごく少量でよいみたいです。

オメガ3脂肪酸の1日の摂取量は?
オメガ3の脂肪酸は、成人男女とも1日2g程度摂れば目安量を満たします。えごま油なら4g、体積なら約4.4mlです。まぐろの刺身なら100g食べるとお釣りが来ます。オメガ3の脂肪酸には特有の働きがあり、欠乏すると皮膚炎や成長障害が起こります。...

なぜオメガ3の脂肪酸は体内で合成されず必須脂肪酸になるのか?

ところで、なぜオメガ3の脂肪酸は体内で合成されないのかわかりますか?

動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。

オメガ3の脂肪酸とオメガ6の脂肪酸はなぜ体の中で作ることができないのか?
動物は、脂肪酸をカルボキシ基(-COOH)から数えて9番目の炭素までは二重結合にすることはできますが、それよりも先の炭素を二重結合にすることはできません。そのため、それより先に二重結合があるオメガ6やオメガ3の脂肪酸は食べものから摂らなくてはならないのです。

オメガ3が必須脂肪酸になったのは1980年頃

私が子供の頃、テレビCMで「リノール酸」ということばを知りました。1970年代のことです。しかし、α-リノレン酸を知ったのは、つい最近です。

調べてみると、リノール酸が必須脂肪酸になったのは1930年頃でしたが、オメガ3の脂肪酸が必須脂肪酸になったのは、1980年頃のことです。

なぜ50年も差があるのか?歴史をひもといてみました。

オメガ3が必須脂肪酸になった歴史
リノール酸は1930年に必須脂肪酸になりましたが、同じ頃発見されたα-リノレン酸が必須脂肪酸になったのは1980年頃です。α-リノレン酸はEPAやDHAに変換されることはわかっていましたが、必要だと考えられたのはDHAが視覚興奮に対...
タイトルとURLをコピーしました