食品の中のオメガ3記事一覧

食品の中のオメガ3記事一覧です。

オメガ3の油としてえごま油、亜麻仁油が大人気ですが、それ以外の普通の食べ物にα-リノレン酸はどのくらい含まれているのだろう?と思って調べました。もちろん、大豆には多いです。それ以外に意外と多かったのは煎茶でした。

EPAとDHAは魚を食べていれば、細かい数字を気にする必要はないくらいです。いわし、さば、さんまといった安い(かつては!)青魚で十分です。

スポンサーリンク
チアシード

チアシードとオメガ3脂肪酸

チアシードは、100g中脂質が40g以上あり、その50%程度がオメガ3のα-リノレン酸です。たんぱく質が多く、液体を含むと12倍に膨らむという食物繊維がとても多いのが特徴です。食べる時は、液体に浸せばそのまま食べられます。
食品の中のオメガ3

カツオとオメガ3脂肪酸

カツオは、三陸沖からの戻りガツオに脂質が多く、100g中6g程度あります。オメガ3の脂肪酸は2g弱あります。カツオに似ているけれど別な魚、ソウダガツオにはオメガ3の脂肪酸は1g程度あります。しかし、かつお節を作るには、これでは脂が多すぎるそ...
食品の中のオメガ3

えごまのオメガ3脂肪酸とえごま油との比較

えごまは100gあたり43gが脂質です。そのうちオメガ3の脂肪酸は24gあります。えごまはそれだけでなく、たんぱく質も18g程度あり、必須アミノ酸全てが含まれています。また、ビタミン、ミネラルもそこそこあり、栄養豊富な食品です。特に、乾燥さ...
食品の中のオメガ3

ホッケとオメガ3脂肪酸

ホッケの脂質は、生だと100gあたり4g。よく食べられる干物だと100gあたり10gあります。オメガ3の脂肪酸は、100gあたり1~2gです。干物は大きいので1枚食べると十分ですね。 ホッケの脂質は100gあたり4g ホッケ生の...
食品の中のオメガ3

サバとオメガ3脂肪酸

サバは、「マサバ」「タイセイヨウサバ」「ゴマサバ」があり、タイセイヨウサバが突出して脂質が多く、オメガ3の脂肪酸も100gあたり6gと多いです。サバ缶になるサバは、「マサバ」と「ゴマサバ」です。こちらもオメガ3の脂肪酸は3g程度あり、とても多いです。
食品の中のオメガ3

はまちとオメガ3脂肪酸

はまちは100gあたり脂質が17gくらいあり、そのうち、オメガ3の脂肪酸は、約2gあります。ほぼ養殖されている魚だと考えてよさそうです。そのため脂肪酸は与えられたエサが反映されています。はまちがもっと大きくなるとブリになります。ブリは出世魚...
食品の中のオメガ3

イクラとオメガ3脂肪酸

イクラ100gには脂質が15g程度あり、その中の約5gがオメガ3の脂肪酸です。次にオレイン酸が多く、飽和脂肪酸のパルミチン酸と続きます。 オメガ3の脂肪酸は、DHAが一番多く、約2g。次いでEPA、α-リノレン酸はごくわずかです。
食品の中のオメガ3

マーガリンとオメガ3脂肪酸

マーガリンは植物油が原料なので、オメガ3のα-リノレン酸は100gあたり1g程度あります。リノール酸がきっと一番多いのだろうと思いましたが、オレイン酸が一番多い脂肪酸でした。使う油を組み合わせたりハイオレイックタイプの油を使ったり工夫して作られていることがわかりました。
食品の中のオメガ3

マヨネーズとオメガ3脂肪酸

マヨネーズは70%以上が脂質であり、使われている植物油の脂肪酸組成がそのまま反映されます。大豆油やナタネ油が使われているので、オメガ3のα-リノレン酸よりも、リノール酸の方がずっと多くなります。 マヨネーズの70%以上は脂質 下...
食品の中のオメガ3

タラ(鱈)のオメガ3脂肪酸

たらは脂質がとても少ない魚です。そのため、オメガ3の脂肪酸もほとんどありません。脂質が少ないとカロリーが低くなるので、別な見方をすると高タンパク低カロリーな食品です。「すけとうだら」と「まだら」について調べました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました