明太子のオメガ3脂肪酸

明太子はスケトウダラの卵巣です。たらこですね。100gあたりオメガ3の脂肪酸は、EPAとDHAをあわせて1g程度あります。スケトウダラは脂質があまりなくすり身の原料になるのですが、卵は栄養があります。

明太子

辛子明太子は、塩漬けしたスケトウダラ(スケソウダラ)の卵巣(タラコ)を唐辛子のきいた調味液につけ込んだものです。

早速、どのくらいオメガ3の脂肪酸が含まれているのか調べてみましょう。

EPAとDHAで約1g

たらこ生と、からしめんたいこを比較しました。参考までにすけとうだら生も加えました。データは日本食品標準成分表2015年版(七訂)から引用しています。

脂質は100gあたり約4gあります。そのうちオメガ3の脂肪酸は約1gあり、ほぼEPAとDHAの合計です。

おにぎりには、ほんの少ししか入っていないですが、白いごはんでひと腹食べることは普通にありますね。からしめんたいこに炭水化物が多いのは、調味液の影響です。

食品100gあたりの栄養成分
すけとう
だら/生
すけとう
だら/
たらこ生
すけとう
だら/
からしめ
んたいこ
エネルギー 83kcal 140kcal 126kcal
水分 81.6g 65.2g 66.6g
たんぱく質 17.4g 24g 21g
脂質 1g 4.7g 3.3g
炭水化物 0.1g 0.4g 3g
灰分 1.1g 5.7g 6.1g
食塩相当量 0.3g 4.6g 5.6g
脂肪酸総量 0.5g 2.8g 2.22g
飽和脂肪酸 0.12g 0.71g 0.54g
一価不飽和脂肪酸 0.08g 0.81g 0.59g
多価不飽和脂肪酸 0.27g 1.28g 1.09g
n-3系多価不飽和脂肪酸 0.25g 1.19g 1.01g
n-6系多価不飽和脂肪酸 0.02g 0.07g 0.07g
16:0パルミチン酸 89mg 570mg 440mg
18:0ステアリン酸 16mg 62mg 44mg
18:1計 63mg 460mg 370mg
18:2n-6リノール酸 4mg 17mg 39mg
18:3n-3αーリノレン酸 1mg 6mg 6mg
20:4n-6アラキドン酸 15mg 40mg 23mg
20:5n-3イコサペンタエン酸 71mg 510mg 420mg
22:6n-3ドコサヘキサエン酸 170mg 600mg 530mg

すけとうだらはすり身の原料

上の表で、すけとうだら/生を見ると、たんぱく質が多く、脂質が少なく、炭水化物がほとんどない、高タンパク低カロリーの食品だとわかります。白身の魚です。

ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑のスケトウダラには、このように書かれていました。

古くはとっても冷凍できないために、ほとんどが干ものなどに加工されていた。それでも利用しきれないものは、飼料になったり破棄されることも。

これを船上ですり身にし、冷凍する技術が確立されて、一躍脚光を浴びることに。以来、安いすり身として日本の練り製品業界を牽引してきている。現在でも多くの蒲鉾、薩摩揚げが本種のすり身で作られる。

使える画像を探したらありました。

すけとうだら

成魚は脂がなくあっさりしているけれど、卵は孵化するまでにエネルギーが必要なので栄養豊富なのですね。

NOTE

この記事を書きながら、辛子明太子を初めて食べたのはいつかなと思い出していたのですが、多分、高校生の頃ではなく、学生になってからだったと思います。ウイキペディアで調べてみると、辛子明太子にこのように書かれていました。

1975年に山陽新幹線が博多駅まで繋がり、東京博多開全通後に設立された福さ屋が新幹線駅や東京の三越百貨店等へ販路を築き、全国的に知れ渡るようになった。

そうだよなあ。

タイトルとURLをコピーしました